2006年6月24日 (土)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第12話

「ああっ女神の涙と彼の夢っ」

今週はウルドの元カレ トルバドールの話というか、来週のスクルドの話とあわせて、三女神が過去・現在・未来を司る神であることと見事に符合した話になっているのですね。恋愛未満のスクルドはともかく、過去バナしか無いウルドが哀れだ・・

よく考えたら蛍一の女装ネタは前期でやってしまったので、トルバドールと正面からやりあって成長した?ところを見せているのですが、いかんせん設定画がヘタレなので迫力に欠けるのがちと残念でした。

作画と言えば今回から2クール目ということで少し変わったような気がします(良くなった?)が特にスタッフが変わった訳ではないようですね。気のせいか、あるいは慣れたせい?

最後に注目は新エンディング。樹海の新曲も良いが、蛍一パパママが登場してるじゃないですか。この話で女神さまの話はひとくぎり(原作はず~と続いてますが)だと思うので2・3話かけてじっくりやって欲しい。あと藤見千尋の店もめでたくオープンするようであのまま退場でなくて良かったです(蛍一が働くのかは?ですが)。_

| | トラックバック (7)

2006年6月17日 (土)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第11話

「ああっその手で夢をつかまえてっ」

自動車部初代部長藤見千尋登場です。何気に森里君はおろかベルダンディよりも作画が良いような気がするのは気のせいでしょうか?蛍一とベルダンディーの関係はもう動きようがないので、ここから先はしばらく周りの人間を動かしてくるようです。

以下超個人的な感想:このアニメでは蛍一はまだ3年生なんだ。そういえばまだ部長にもなっていなかったかな?という訳で千尋は転職するだけ、今期はもう出番は無いのでしょうね。だったら無理して登場させる必要はあったんだろうか?

次回はウルドの元カレにして梅の精トルバドール登場。またまた古い話だ。蛍一は女装するんだろうか???

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年6月 9日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第10話

「ああっそのひとことが言えなくてっ」

今回はペイオースがどぼんをお持ち帰りする話・・・な訳無いですが、螢一とベルってここまでちゃんと告白してなかったんだって改めて気付かされました。_

もうず~っと誰が見ても公認のバカップル振りなので今更感も強いですが、ベルダンディーの告白シーンが良かったので許すことにしましょう。あれから10年以上・・・(作品時間では3~4年?)、螢一の心の奥底に秘められた欲望はいったいどうなっているんでしょうか?といっても原作ではここから先は螢一もほとんど神様並ですから同人誌位でしか・・・・

ともあれ次回は藤見千尋さんの登場話。この調子だと今シリーズはヴェルスパー位まででしょうか?ああヒルドが登場するのでそこまでは間違い無さそうですね。

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

ああっ女神さまっそれぞれの翼・第9話

「ああっ女神はデートで勝負っ」

今回も原作2話の内容がTV1話になっています。前回と違うのは2話分の内容を統合して一つの話にしているってところですね。お話としては無理なくまとまっているとは思いました。_

最初はちょっとした言葉のあやで螢一とペイオースがデートすることになる話。デートといってもグループ交際?いや立派なハーレム?ああ、螢一を好きなのははベルダンディーだけだからハーレムでは無いか。アニメの2期では螢一とベルダンディーの関係が固まってしまっているので、どうにも話が動かし難いように感じますね。この話はむしろ一期でやった方が良かったのではと思いました。

次の話は、女神3番勝負。原作ではベルダンディーが勝って、ペイオースがベルダンディーを恨むきっかけを聞き出すのですが、こちらはまたもベルダンディーは螢一を助けてリタイア・・。あまり助けられてばかりいると螢一がますますヘタレに見えてしう。個人的には螢一の扱いが酷いのがこのアニメの不満点だったりします。

何はともあれ次回でペイオース編も一段落。砂糖の上から蜜をかけたような甘い結末が予想されますが、原作の方も結局これから全然関係が進んでないんですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年5月26日 (金)

ああっ女神さまっそれぞれの翼・第8話

「ああっあなたの役に立ちたくてっ」

ペイオース登場編第2回、今回はAパートで原作1話、Bパートで1話という構成になっていました。_

Aパートはペイオースに乗せられたウルド・スクルドが誰が螢一の望みをかなえるか競争する話。原作だと螢一のトラブルを解決するのは(そもそも風になったりしないけど)ペイオースで、さすが一級神という片鱗を見せるのですが、アニメではあくまでベルダンディーが命がけで助ける形で大甘な展開になっています。それはそれで悪くは無いのですが、Bパートもあわせるとペイオースがあまりにも間抜けに見えてしまうのがちょっと残念でした。

Bパートの方は、ペイオースが改造した恋の種を螢一が飲んで、螢一をみたもの全員が螢一に惚れてしまうという話。ある意味極楽状態なんですが、絵柄がどうしても原作の方が良く思えて、もどかしさを感じてしまいました。こっちはベルダンディーだけは変わらないところやオチも含めてほぼ原作通り。

予告見る限り来週もA/Bパートで1話づつみたいですね。原作1話完結の話はTVでも1話で、長編は2話分の内容を1話ってのはどうなんだろう?_

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年5月20日 (土)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第7話

「ああっ貴方の望み叶えますわっ」

今回はペイオース登場のお話。これは原作9巻でした。それにしてもこのアニメ本当に律儀に原作1話でアニメ1話作りますね。内容も殆ど原作のままなのであまりコメントのしようが無いですが・・。_

とりあえず、ペイオースの寝姿が見れたのは良かったかな。ベルダンディーの作画がアレなのはいまさらですが・・。で、このペイオースの話、原作だと7話に渡って続くんですが、とりあえずアニメでも10話まではやるようですね。前半の山場ってことでしょうか?ほのぼの系としては良いオチだと思いますが、後半には動く話を持ってきて盛り上げて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年5月 5日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第5話

「ああっ惹かれあう恋の波長っ」

今回は大滝先輩と矢間野里子さんを蛍一とベルダンディー(プラス長谷川)が応援する話。これは原作1巻もう17年も前の話です。う~ん原作では青島出てたかなあ?今回青島と沙夜子を登場させたのは余り効果的とは思えませんでした。

Cap056_2 コスプレ好き同士って設定もどうだかなあ?

Cap054_2 アニメはこんな絵が多いですよねえ。頬の線が気に入りません。

OVAだと・・

Bell211劇場版だと

Bell312 比べちゃいけないってことなんでしょうか?監督や総作監さんは同じなんですけど・・

OPや横顔はましだと思います。

Cap051_3

Cap052_2 次回は榊原志保登場ってことで、珍しくベルダンディーが嫉妬する話ですね。_

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2006年4月28日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第4話

「ああっ世界を幸で満たしたいっ」

今回はベルダンディーがコーラで酔っ払って、怪しげな幸福をみんなに振りまく話。これは原作15巻、比較的あたらし目(と言っても10年前)の話ですね。原作では最後に出てきてベルダンディーに絡んでいたのは1回限りのゲストキャラでしたが、ここに青島を持ってきてベルダンディーに蛍一への想いを語らせたのは効果的だったと思います。となれば、前半に沙夜子が出てくるのは自然な流れですし、井上さんにOPを歌わせたのも良かったと思います。

ということで、今回はストーリーとしては良かった。作画は少し不満でしたけど。それから前回の指輪の話はOVAと書きましたが、もともと原作2巻という随分最初の方の話でした。こっちは原作の方がすっきりしていて良かったと思うことに変わりはありません。正直言ってもう蛍一に些細なことで土下座させるのは止めて欲しいです。あれでは単なるプライドのかけらも無いダメ男。原作では珍しいベルダンディーのツンデレ?もあったのにあっさり指輪受け取っていましたし。

次回はまたまた古い話、矢間野里子さん登場ですか?この分では今期も大して話は進みそうもないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006年4月21日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第3話

「ああっ聖夜に捧げるこの想いっ!」

今回はやはり蛍一がバイトして指輪を買う話。でもOVAの内容よりはかなり劣化しているような・・。蛍一が指輪を買う理由はウルドにそそのかされたみたいな感じになってしまっているし、無理やり沙夜子を登場されることで却って一番盛り上がるところがグダグダになってしまっているように思えてしまいます。

作画も前期にもあったけど、頬のラインが直線的に引かれてまるでホームベースのようになってしまっている。蛍一の目もまるで腐った魚みたいな目で全く生気が感じられない・・。あえて名前は出さないけどこの回の脚本・作監の組み合わせではは全く期待出来ないということでしょうか。

次回は、また沙夜子登場させるみたいですが、いくら能登さんが有名になったからと言って無理に出すのはどうかと思います。ま、出来がよければ文句はないですけど・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年4月14日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第2話

「ああっ悩める復讐の女王さまっ」

原作7巻のベルダンディーが蛍一にセーターを編む話です。それにしても原作の1話でアニメ1話を作ってしまうのは結構荒業かもしれないですね。これだと何クールでもできてしまう。

今回は沙夜子と螢一のデートシーンがたっぷり追加されていて、何気に能登さん大会でした。今期も節々で沙夜子の活躍(暗躍)があるのでしょうか?まだ暗鬼の話とか大学を城にしてしまう話とかは残ってはいるんですが・・・。アニメの沙夜子は螢一に対する恋心をはっきりさせていて、却って螢一とベルダンディーの絆が際立つという構図になっています。何故?という疑問は残るものの意図は成功しているのではないかと思います。

第一期の大半は螢一が単なる「底抜けの善人」として描かれていて、沙夜子が自分になびかないものに興味を持つということ以上に好意を持つ要素は感じられませんでした。このあたりが原因で一期では多くの方が切ってしまったのではと思います。

今期のテーマは沙夜子が言っていたとおり人間としての情愛に目覚めた女神様を描くってことのようです。OPを見るとベルダンディーが螢一に嫉妬する話とか有りそうですし・・。それはそれで大いに期待するんですが、もっと大きい話もやって欲しいです。このまま行くと2クールでも今期はせいぜいヴェルスパーあたりまでか・・。何期までやるつもりなのか知りませんが、世間の人気というのもある訳ですからバランスとって頑張って欲しいものです。ハートフル路線で盛り返すことができれば良いですけど・・。

作画の方は1話より良いように感じました。低めの作画でスタートしてレベルを安定させるって作戦でしょうか?1話で切られては元も子もないんですけど・・

次回は螢一がバイトしてベルダンディーに指輪を贈る話なのかな?今回の話と対みたいですがこの話ってもともとOVAのラストじゃなかったっけ。まあ話の内容は変えてくるんでしょうけど・・贈るのも指輪とは決まって無いか。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

より以前の記事一覧