« 3月に終了したアニメ(1) | トップページ | 3月に終了したアニメ(3) »

2007年3月30日 (金)

3月に終了したアニメ(2)

続きです。あと出遅れてるし必ずしも良い感想ばかりではないのでこの記事はこちらからはTB送りませんので・・・(頂いた場合は返します)。

「ときめきメモリアル Only Love」

 とりあえず陸くん最低だ。リアルじゃ絶対もてないタイプで、だからこそゲームの世界だけでも陸くんはスーパーヒーローな訳ですが、それを見ている視聴者はニヤリとはしてもDVD買おうとかはまずは思いません。そこらあたりKonamiは勘違いしてるんじゃないかなあ?この内容ではゲームの販促になっているのかも疑問です(というかサービス終了のようですが)。まあ、自分もブツブツ言いながらかなり楽しんで見てた口なので3点付けますけど・・・。

「SHUFFLE! MEMORIES」

 新作は最終回のみで後は殆ど切り貼りのダイジェスト。これでは評価のしようがありません。もし、新規で全ヒロインのエンディングをやってくれたらネ申認定したんですがね。最終回に免じて2点としますが、視聴しないまま積んでるWOW版のDVDどうしてくれるんだ・・・。

「ゴーストハント」

 さてどうしたものかなこれ。とりあえず麻衣の強い正義感は少年のようであまりヒロインっぽくなかったけど、名塚さんの演技は特徴ある声色で強く印象に残りました。ただ、怖さで言えば身近な人間が狂気に走るひぐらしなんかの方が怖かったし、(逆)ハーレムエンドというか僕旅エンドも今ひとつ盛り上がりに欠ける要素だったと思います。まあ、それなりに作画とか安定してたと思うし悪くは無かったので2.5点で・・・。

「ヤマトナデシコ七変化♥」

 全く誰に向けて作っているのか分らないカオスワールド。美少年達の作画は多分誰が見てもアレだし、スナコちゃんもブスのようでいて普通にも見え、時たまキモ美人に見え・・・。多分原作はこんなんじゃ無いんだろうなあ。最終回の微妙にレディになったスナコちゃんに免じて3点差し上げることにします。DVDとかやっぱり売れそうも無いけどね。

「ネギま!?」

 実は切っちゃったんですよねこれ。15話くらいまで付き合ったのですが惰性で見続けているだけのような気がして・・・。自分に取って良かったのは夕映だけだったように思います。だから夕映の契約が終わったところでもうどうでも良くなりました。基本的に頭の悪さを売りにしたギャグは合わないんです・・・誰とは言いませんが。まあ、切ったアニメは評価対象外ということで・・・。

「ProjectBLUE 地球SOS」

 それなりによくできてたと思いますよこれ。最終回は少し超展開というか駆け足だったような気もしますけど。ただ、これが深夜アニメである必要は全く感じないし、登場人物が殆ど欧米人に見えるのは最初からそっちの市場狙ったってことなんでしょうか?3点付けるにはちょっと足りないような気がするのでこれまた2.5点です。

「武装錬金」

 正にジャンプらしい熱い主人公を最後まで見せてくれました。原作はどうして打ち切りだったのかなあ?心配していた作画も何とか持ちこたえたように思います。ただまひろの作画とかもうちょっと可愛くして欲しかった、斗貴子さんは良かったけど・・。原作未読でも十分に楽しめる内容になっていたのも評価できるし3.5点はあると思います。

|

« 3月に終了したアニメ(1) | トップページ | 3月に終了したアニメ(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32251/5908491

この記事へのトラックバック一覧です: 3月に終了したアニメ(2):

« 3月に終了したアニメ(1) | トップページ | 3月に終了したアニメ(3) »