« 12月に終了したアニメ(6) | トップページ | ローゼンメイデン オーベルテューレ »

2006年12月24日 (日)

12月に終了したアニメ(7)

土曜は他にも書きたいのがあるのでまとめて・・

「乙女はお姉さまに恋してる」

最終話感想:うまく纏めた感じですね。瑞穂ちゃんが自分で選んだのは貴子だとういう事実でこれまでのシナリオと整合させながら、最後にまりやが邪魔することでもしかしたら2期まで期待させるという欲張りな終わり方でした。

全体の感想:開始前は原作ファンの方からブーイングを浴びていた作品ですが、終わってみれば12月終了作品でも上位に食い込む評判でした。良作画で普通に作ればPCゲーム原作でもこれ位は行けるんだということを示してくれたと思います。声優変更の件は気持ちは分からなくは無いですが、全員が表名で出演することを望むとは限らないので時には忘れて見ることも必要なのではないかと思いました。3.5点。

「らぶドル ~Lovely Idol~」

最終話感想:寒い・・・。一番盛り上げなきゃいけないイベントの前でどうしてこんなに寒いんだろう。これならもうちょっとBパートのイベントに尺を割いても良かったんじゃあ?

全体の感想:とうの昔に切ったはずなのに最後まで見てしまった。ひとえにこれも良かれ悪しかれ西叉絵のせい。Shuffleと作画を交換して欲しかったというのが本音。作品としてはやっぱり2点が精一杯です。

「くじびき♥アンバランス」

最終話感想:何と評して良いんだろうこれ。一応きれいに纏まったと言って良いのかな。自分にはどうにもつかみどころの難しい作品でした。

全体の感想:こっちも途中で切ろうかと思ったのですが、アニメーションとして評価される方もいるので見続けていました。でも結局自分にはどこが面白いのか良く分からないというのが本音。元ネタが元ネタなので大学生の作った同人漫画という設定なのでしょうけど・・。とりあえず2点。

「Gift ~ギフト~ eternal rainbow」

最終話感想:こちらも綺麗に纏めたという感じはするのですが、どうにも霧乃の気持ちの変化についていけませんでした。春彦の行動もきれいごとに感じてしまうのは私が「君望」に毒されてるから?

全体の感想:これだけ瞳の大きいキャラ設定を破綻無く作画するのは非常に困難と思われ京アニでさえKanonでは希にバランスを欠いているように見えることがあります。ここの作画は頑張っていると思えるのもありましたが、一番気になったのは人体のバランスが決定的に変で気持ち悪く感じたことです。例えば横顔で春彦と莉子が並んだとき莉子の顔の長さが春彦より1.5倍位に描かれていたところとか・・。シナリオの方も個人的にはヒロイン黒化させればもてはやされるみたいな安易さが気になりました。2点。

|

« 12月に終了したアニメ(6) | トップページ | ローゼンメイデン オーベルテューレ »

コメント

おとボク、「まりあ」じゃなくて「まりや」ですょ

投稿: 飛鳥 | 2006年12月25日 (月) 14時24分

どうもです。直しておきました。
(ついずぼらで・・・)

投稿: pinokoda | 2006年12月25日 (月) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32251/4656939

この記事へのトラックバック一覧です: 12月に終了したアニメ(7):

« 12月に終了したアニメ(6) | トップページ | ローゼンメイデン オーベルテューレ »