« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

Pumpkin Scissors 第5話

「あさはかな者達」

結局マーチス准尉よりオレルド准尉の方が活躍してました。見事な「女性の敵」っぷりでしたが・・・。この後マーチスメインの話と言ったら原作でもず~っと先でアニメでできるかどうか?といったところ。不遇ですね。

今回のメインは伍長が始めてランタン使わずに「戦災復興」を行ったってことでしょうか?咄嗟だったとはいえ、ランタン無しではただの小心者の伍長が3課のメンバーとして自力で行動したことに意味があると思います。細かい点で言えば、アリスが伍長を救うところの演出でもう少し引き上げられてる感じを出して分かりやすくした方が良かったと思いました。

あと、看護士ネタはあのあたりが限界なのでしょうか。まあ想像すれば分かるとことなので、皆まで言わせなくてもOKとも感じました。アリスの作画の方はまた少し落ちてきたように思いましたが、今回アリスは脇だし、伍長を助けた後のシーンが良かったので許すとしましょう。

次回は2話で残しておいた赤ちゃんネタをここで持ってくるのか・・・。つながりとしては今回の後にしたのは上手いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (38)

2006年10月30日 (月)

10月に終了したアニメ

最後まで視聴した番組は感想書くことにしてるので・・・。ただし、ず~と感想書いている方は楽しんで見ていられた方が多いと思うので今回の記事に関してはこちらからはTBは送りません(頂いた場合お返しはします)。

「イノセントヴィーナス」

だめでしたねこれは。どうにもシナリオに穴が大きすぎて感情移入し難ったです。例えば11話で沙那とゴラが脱けだして敵基地に向かうところですが、沙那が丈を騙してまで戻ろうとする理由の説明が貧弱すぎて納得できないし、見え見えなのに丈から簡単に逃げることができてしまうのも都合良すぎると思います。全てがこんな調子なので、最大のポイントであるはずの仁の裏切りでさえ茶番に見えてしまいました。そもそも仁はつかまって裏切る位なら最初からリスクを犯してまで沙那を連れて脱走したりする性格では無かったように思います。

あとは作画の方も後半あまりパッとしなかったし、ラストで丈が沙那を置いて旅にでるってのも何かの冗談じゃないかと思う位必然性が理解できませんでした。コヨーテクラスということで1.5点。

「ザ・サード ~蒼い瞳の少女~」

こっちは半年もやってたのですね。結局あまり印象に残りませんでした。可愛くない(作画のせい?)かといってかっこよくも無い(やっぱり作画のせい?)ヒロインに感情移入できなかったのが一番の理由でしょうか?ナレーションでいくら説明されてもアニメなんだから・・・・。作画は全般に低調でキャベツレベルの回も何回かあったように思います。後半は、別のアニメじゃないかと思える位良い回がいくつかありましたが、前半でテンション下がってしまっていたので「今更」感が強く盛り返すことができませんでした。2点・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

夜明け前より瑠璃色な 第4話

「戦う!お姫様」

普通・・・ですね?これは。多少怪しいのが残ってたり、原画やってるところとかは変わってないので、作監2人体制にして修正しまくったということでしょう。童夢にとっても会社の死活にかかわるでしょうからそれなりに必死なのではと思います。

4話まで視聴して感じたのは、このアニメでは原作の平板な(よく言えばまったりした)シナリオをアニメで見せるためにギャグやパロディを多用しているということです(今回の見てると「どどんまい」は狙ったのかとも思える)。フィーナや達哉の性格が改変されない限りそれも有りだし、演出がすべってると感じるのはさておいてこのギャグのテイストそのものは嫌いじゃないし、そういう部分での製作の意図は理解できます。ただ、それはあくまで最低でも留め絵に関してはレベルをキープできての話で、ヘタレ絵の方がまだましに見える落書きのオンパレードでは、ギャグだからって許されるものでは無いでしょう。

まあ、解かっていても原作の1枚絵と比較してしまうのが人情なので、評価が厳しくなってしまうのが原作知ってるデメリットとは思います。OPやED見てると今回以上に大幅に作画が良くなることは無さそうなので、ヌルい目で今後も見守る・・・しかなさそうですね。

追加:次回は演出が三宅雄一郎さん、作監が赤尾良太郎さん。それぞれかなり実績ある方のようなので3話ほどにはならないと思います。たいへんとは思いますが「修正宜しくお願いします」というしか無いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2006年10月24日 (火)

Pumpkin Scissors 第4話

「ヒビ割れた肖像」

今回と次回はマーチス准尉にスポットを当てた話ですね。もっとも活躍するのは相変わらず伍長ですけど・・。何だか作画が普通に良いだけでもうどうでも良い気分になってしまいます。今期は結構酷いのが多いから・・・。

それでは気を取り直して感想を。今回全体に尺余りというか少し間延びした感じがします。もともとマーチス准尉の話は原作では2話使っていましたがアニメでは1話にまとめるのかと思っていました。伍長の悪夢のシーンはいかにもGONZO風味でしたが、ドイツ語?を画面に表示する演出は今ひとつだったように思います。まあ最後に出てきたアリスが良かったのでOKですけど。Bパートの戦闘シーンではアリスがマーチスに「逃げろ」という場面で間がありすぎるので「何故助けに行かないんだ」と突っ込みたくなってしまいます。ここは演出で何とかして欲しかった。あと、マーチスが余りに冷静なのでキルゾーンの怖さが今ひとつ伝わってこないように思いましたが、ハンクスの知るだけで・・って言う脅しに即答できる「性格」なので仕方ないのかなあ。最後にマーチス君わき見運転すると事故るよ・・・。

いろいろ書きましたが、それだけ期待しているからです。話としては十分面白かったし、アリスの作画も悪くなかったと思います。蛇足ですがナントカ研究機関のマッドサイエンティストが意味深に登場しましたがあっちの方向でオリジナルをやるとGONZOクオリティが爆発しそうで嫌だなあと思ったり・・。

次回は・・・看護婦さんのネタやるらしいです。笑いあり、感動ありの良い話になることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (38)

2006年10月20日 (金)

10月の新番(まとめ)

ここらでまとめを・・・。画角位は参考になるのではと思います。継続番組も含みますが、再放送は私が見ているの以外は含みません。

画角は SDが普通の4:3サイズ、16:9は地上波なら上下黒帯、地デジまたはBSならフルワイド、LBは地デジで超額縁になるもの、HVは画面でHVと表示されるもの(テレビが未対応なので実際は確認していません)、-は未確認です。(データの保証はできませんので間違ってたらごめんなさい)

評価は ◎が一押し、○が楽しみ(ネタも含む)、△が様子見、×が切り(見ず切りを含む)です。

見難いですが番組名、放送局、画角、評価の順です。あと曜日は私が見ている最速の曜日を基準にしています。それでは・・・

日曜日:

金色のコルダ TX 16:9 △

ギャラクシーエンジェる~ん TX 16:9 ×

ガンダム0080 BSi 16:9 ○

ハピ☆ラキ ビックリマン EX - ×

ワンピース CX HV ○

世界名作劇場完結版 BSフジ SD △ (金/土も有り)

月曜日:

Pumpkin Sicissors TVK LB ◎

N・H・Kにようこそ!TVK LB ○

銀色のオリンシス TVK 16:9 ○

Funny Pets Plus  TVK HV ×

ときめきメモリアル Only Love TX 16:9 △

結界師 NTV HV △

火曜日:

Blacklagoon2 TVK LB ○

ウサハナ/けろけろけろっぴ TX - ×

D.Gray-man TX 16:9 △

Death Note NTV LB ○

砂沙美魔法少女クラブ NTV LB ×

ゴーストハント TX 16:9 △

ヤマトナデシコ七変化 SD △

RED GARDEN EX HV ○

水曜日:

ちょこッとSister TVK LB △

蒼天の拳 EX HV △

イノセントヴィーナス WOW 16:9(LB識別信号) △

NANA NTV LB ×

武装錬金 TX 16:9 ○

ねぎま?! TX/BSj SD/16:9 △

スーパーロボット大戦OG  TX 16:9 ×

夜明け前より瑠璃色な BSi/TVK 16:9/SD ○

機動戦士ガンダムSeed TBS SD ○

木曜日:

働きマン CX HV ×

すもももももも~地上最強のヨメ~ EX HV ×

はぴねす! TVK 16:9 ○

リトル・アインシュタイン TX - ×

銀魂 TX SD △

009-1 TBS/BSi SD/16:9 △

あさっての方向 TBS/BSi SD/16:9 △

Kanon BSi 16:9 ◎

護くんに女神の祝福を WOW 16:9(LB識別信号) ○

ザ・サード WOW 16:9(LB識別信号) △

砂沙美魔法少女クラブ2 WOW 16:9(LB識別信号) ×

マージナルプリンス TVK LB ×

人造昆虫カブトボーグ VxV BSj - ×

学園アリス NHK3 SD △

金曜日:

銀河鉄道物語永遠への分岐点 TBS SD △

コードギアス 反逆のルルーシュ TBS SD ◎

Black Blood Brothers Kids LB ○

幕末機関説 いろはにほへと Gyao 16:9 ○

あゆまゆ劇場 Net 16:9 ○

蟲師 BSフジ 16:9 ○

Samurai7 NHK 16:9 ○

土曜日:

くじびき?アンバランス TVK LB △

Gift TVK LB △

らぶドル TVK LB ×

乙女はお姉さまに恋してる? TVK LB ○

少年陰陽師 TVK LB △

おとぎ銃士赤ずきん TX SD △

ぷるるんっ!しずくちゃん TX - ×

流星のロックマン・サルゲッチュ2 TX - ×

史上最強の弟子ケンイチ TX SD △

シルクロード少年ユート BS2 14:9/16:9 ×

ツバサクロニクル2 NHK3 14:9/16:9 △

彩雲国物語 BS2 14:9/16:9 ○

天保異聞 妖奇士 TBS SD ×

Night Head Genesis BS日テレ 16:9 ×

シュバリエ WOW HV ○

ケモノヅメ WOW HV ×

地獄少女 二籠 animax LB ○

家庭教師ヒットマンREBORN! TX SD △

バーテンダー CX HV △

オーバン・スターレーサーズ Disney - -

僕等がいた Kids LB ○

◎が3、○が23、△が24・・・廃人確定。せめて40できれば30にしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年10月19日 (木)

夜明け前より瑠璃色な 第3話

「お姫様 料理対決!!」

だめだ・・これ。感想書く気力も萎えました。

盛り上がらない脚本、テンポの悪い演出、伝説級の作画の全てが底辺レベル。まさかあの作画でOKだなんて思ってないよねえ・・最後のカット一枚だけ「普通」・・・だったから。これはDVDは作画の全面修正宣言が無い限り不買決定。つ~か12月販売開始は無謀でしょ・・・良心があるならさっさと延期して欲しいものです。

次回は監督が絵コンテ・演出を担当、作監はとなぐら8話と12話の定井さん・・・・今回レベルから持ち直したサードの例もあるから未だ希望は残っているのか?ただここまでくると原画出してるところとかバッサリ行かないともうどうにも成らないような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (42)

お詫び

17日夕方より本日17:00頃の間ココログのサーバーメンテナンスならびにその後の障害のためトラックバック及びコメントの受付ができませんでした。

ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

Pumpkin Scissors 第3話

「其は貴きものなりて」

今回は戦闘も無く少尉の貴族としての心のあり方をじっくり描いた話でした(ほぼ原作通り)。少尉と伍長はお互いにアドバイスできる理想的な関係ですね。全体としては地味ながらシナリオがしっかりしているので十分楽しめる話だったと思います。気になったのは以下の点。

クライマックスのトンネル崩落シーンはややあっさりしすぎで、伍長が突然登場してアリスを救ったように見えるのがちょっと残念でした。ここはどうやって伍長がトンネルの中に入ったのか見せないと「ランタンさえあれば何でも有りのスーパーマン」になってしまいます。伍長がランタン使ったのはランタンが無いと何もできないただ大きいだけの気弱な青年という設定(これが後々の伏線)なので理解できますが、この場面だけだと違和感がありますね。

あと、「子供であっても悪即斬」(いつもの少尉だったらという表現)が省略されたのは惜しいけど微妙な台詞だし、下着?姿の少尉があっさりしているのは萌えアニメとは違うということで(逆にそれをやると不評かも?)やむを得ないのかなあという感じでした。最後にアリスの作画がだんだん落ちてきているように思いますが、次回以降持ち直すことを期待します・・・今回はシナリオとしては重要なんだけどアニメとしては繋ぎだし・・・。

次回も原作通り伍長が怖い話になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006年10月13日 (金)

10月の新番(7)

10月2週分

「銀色のオリンシス」(TVK):折角TVK地デジで額縁が解除されているのにぼろぼろの作画でがっかりです。東映アニメ初のU系アニメだそうですが舐めてるんじゃないのこれは?内容もまるで種のOPとか巻き込まれてふらふらどこにでも付いて行く主人公とか皮肉じゃないかとさえ思えてしまいます。それでも、継続・・・額縁じゃないしネタになりそうだし。

「働きマン」(CX):これはアナログで上下黒帯、地デジでHVの蒼拳タイプですね。このアニメで3倍速い設定とか「3ヶ月・・・してない」という下劣な表現は不要と思います。ステレオタイプの後輩も出版社なら最初から採用されないと思うし、なにより、耳年増な視聴者はマスコミにとってソースの秘匿は絶対だって刷りこまれてるから、松方があえてタブーを破ってソースを明かそうとすることの説得力がまるで感じられません。漫画では恐らくそういう部分もある程度フォローされているのではないかと思いますが、30分の1クールアニメでは無理ですね・・・。多分切り。

残るは土曜の「Bartender」(CX)と月曜の「結界師」(NTV)の2本。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年10月12日 (木)

夜明け前より瑠璃色な 第2話

「お姫様は優等生!」

フィーナが学校行ったけど、公務があって毎日は行けませんというだけの話。ただ、達哉の一生懸命フィーナをフォローして仲良くしたいっていう気持ちが表現されているのと、ところどころ挟まれるヘタレ絵や小ネタによって飽きずに見ることができました。原作ではこのあたり退屈でしかたなかったので演出的にはまずまずかと思います。でも、やっぱり達哉の鼻つまみは主人公ハーレムのマーキングに思えてしまう。無意識にやるって絶対変だし、達哉の目も逝ってるし・・。

作画の方は1話よりも更に下降気味、経験あるスタッフの方はほとんど「となグラ」の方に投入されていたようで、2話にして新人?作監2人体制。というか監督が「となグラ」12話のコンテをやったりしています。10月後半以降はテコ入れされることを期待しますがどんなもんでしょう。あっちはシナリオが・・・だったので戦力分散してどっちも微妙という結果にならなきゃ良いんですが?

訂正:2話(そして3話も)についてはコンテ・演出・作監までの主要スタッフが外部の応援のようです。そもそも童夢に2クール連続して受ける力は無いと思われ、4月以降のアニメ過多のあおりがこんなところに・・・。

オリキャラのカメラマン(名前忘れた)の役どころはお宝画像の提供と、月王室関係の説明兼達哉へのアドバイス役っていうところでしょうか?後の方の役は今のところさやかで良かったように思いますが今後のお手並み拝見です。でも、毎回お宝画像をだしてくれればそれはそれで有りかなと思ってしまう・・・ダメだ自分。

次回以降もフィーナ中心に話は動いて行く様で、お当番回をやらないのは評価できると思います。原作シナリオをそのままやっても最後を除けば平板なのでオリジナルを入れて盛り上げようというのも良いと思いますが、それはシナリオ次第なので頑張って欲しいところです。

蛇足:火水曜もたくさんありますが結局感想はこれにします。面白そうなのは他にもあるけど原作付きで知ってるのこれしか無いので・・。デスノで寝落ちしたのは内緒。あとRed Gardenは時間が有ったら書くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (36)

2006年10月10日 (火)

Pumpkin Scissors 第2話

「戦災復興部隊」

今回はオーランド伍長の対戦車戦もさることながら、オレルド准尉、マーチス准尉が地味ながら良い味を出した話でした。アリス少尉のメイドさん達への理屈にもなっていない説得力も爽快でしたね。若干アリスの作画が落ちたような気もしますが、少尉の燃える場面も萌える場面もまだこれから先なのでそちらは今後に期待です。あと敵役に部隊の設置された理由を説明させたのも上手かったと思います。メイド達の「黙れ馬鹿!そんなことは解かってる。」っていう決め台詞が秀逸で、こうした1話限りの脇にまで見せ場を用意するところがこの作品の魅力を高めていると思います。

次回は貴族と平民の立場の違いに葛藤するアリスの話。アリスの爽快な燃えシーンはまだちょっと先みたいです。DVDシリーズ1クール目はmen at pumkin 編なのでアリスやオーランドだけでなく部隊のメンバーそれぞれに焦点をあてた話が用意されるようです。原作でもオレルドやマーチスの話は印象強いですが、曹長+ワンワンの話とかもあったら楽しそうですね。

蛇足ですが・・・TVK「銀色のオリンシス」は地デジで16:9フル画角でした。

| | コメント (0) | トラックバック (39)

2006年10月 8日 (日)

10月の新番(6)

10月7日分・・・最後の正念場です。

「家庭教師ヒットマンREBORN!」(TX):ニーコの声はやっぱり違和感あるけど大して演技力が要るとも思えない役なのでそのうち気にならなくなると思いました。内容はこれから先面白くなりそうな感じなので暫く継続します。

「天保異聞 妖奇士」(TBS):地味な時代劇に妖夷退治をからめた新感覚アニメ。この時間にテレビの前にいるのが実は大人だったりするのを分かっていたりするのでしょうか?かなり年齢層が高くないと絶対受けないように思いますので、前の時間ウルトラマン見てたような子供は捨てたってことでしょう。個人的には39歳の良い大人の主人公が自分だけが身分を隠して安楽な立場にいるのが嫌で、自らバラして職場(湯屋)を逃げ出すってのがもう痛さを通り越して・・・それって単なる自己満足で何も解決してないってのは子供でも分かる理屈です。そこまで後ろ向きの主人公が子供を助けようって行動を起こすこと自体が自己矛盾に見えます。時代劇やりたいなら、「いろはにほへと」だってあるし「少年陰陽師」でさえ良いかもしれない。ともかく激しく土6には不適だと感じました。土6は頑張って見て来ましたが、さすがにこれは耐えられないかもしれません。それでも少し様子見はするつもりです。

「地獄少女二籠」(animax):録画ミスったのでKids Station で録画予定。

「乙女はお姉さまに恋してる」(TVK):D.C.やスクラン二学期のfeelですが少し作画が落ちているように感じました。声優総替えの件は私は原作未プレイなのでど~でも良いですが、ほっちゃんの声はどう聞いても女の子です。あと、パジャマパーティーとかベタベタしたら幾ら顔や肌がきれいでもさすがにバレるでしょう。そのあたり含めてファンタジーになってしまっているところがちと残念です。一応継続。

「少年陰陽師」(TVK):まあ見れるかな。対象年齢低そうな感じで普通に夕方で良さそうに思いますが。おとボクからの続きなので継続しやすいし。

「らぶドル ~Lovely Idol~」(TVK):さすがにこれはどうなんだろう。shuffleで原画家さんが2人だった理由が良く分かりました(あっちはまだ耳で区別できるし)。確かに綺麗な止め絵はあるんですが誰が誰だかわからないというのはやはり致命的でしょう。次回は話が動きそうなのでもう1話は見てみますが・・・。

「史上最強の弟子ケンイテ」(TX):ただひたすらケンイチがヘタレ続ける初回でした。掴みとしては最悪なんじゃないかなあ。眼鏡っ娘なヒロインも私には属性無いので・・・。ギャグとして楽しめるかどうか暫く様子見です。

「くじびき♥アンバランス」(TVK):これも深夜である必要は感じられませんねえ。純粋にアニメーションとして演出を楽しめるものになるか継続してみます。

「Gift ~ギフト~ eternal rainbow」(TVK):OLMうたわれスタッフが送る・・・。といってもパワーはスパロボと分散してかなり低下している模様。この手のアニメでは先ずはキャラ絵ですがこれは今期数多いPCゲーム原作系でも下の方。内容も一番テンプレート系になりそうです。ああ、主人公の濃い顔だけは新しいですね。まあ、少し様子は見てみますが・・。

この他、「おとぎ銃士赤ずきん」(TX/BSj)、「彩雲国物語」(NHKBS2)、「ツバサクロニクル」(NHK教育)、「シュヴァリエ」(WOW)、「僕らがいた」(Kids)を継続、「ぷるるんしずくちゃん」(TX)、「ロックマン/サルゲッチュ」(TX)は見ず切りしました。

新番9本、継続5本、まだ始まってないのもあるしこれはもっと切らないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 7日 (土)

10月の新番(5)

10月6日分・・・今日は少ないですね。と言ってもちょっと前まで金曜は安息日だったのに。

「幕末機関説 いろはにほへと」(Gyao):何気に面白そうじゃないですかこれ。サンライズだし声優陣も渋いし、普通に地上波でやってもかなり上位に来そうに思います。これをnetだけでやるってのは新しい試みですが、放映権料分制作費に回せるってことなのでしょうか?やはりTVでやらないと知名度上がらないしDVDも売れないんでは?継続。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」(TBS):某2ch系では色々なアンチの格好のおもちゃになってますが、感想系サイトでは概ね好評のようです。私も初回としては上々かと思いました。確かに露骨な反米(英?)設定は気にならなくはないですが、アニメの本質をそこに持っていく訳ではないでしょう。全ては今後に期待・・ですね。

さて、上記のサンライズ2本を押しのけて土6に収まったボンズ妖奇士が今日始まりますがどんなもんなんでしょう?

「銀河鉄道物語~永遠への分岐点~」(TBS):何だかなあ。懐かしい松本零士絵を楽しむ番組なのかなあ。銀河鉄道はロマンだけれどこう真面目にやられてもねえ・・というのがっ正直なところです。一応様子見。

この他再放送の「サムライ7」(NHK)を継続、「蟲師」と「世界名作劇場完結版」(BSフジ)をチェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

10月の新番(4)

10月5日分・・・深夜7本って何この多さ。もういっぱいいっぱいです。

「護くんに女神の祝福を」(WOW):メガデレというのはツンデレとは全然別なのですね。1期に1本ぐらい女神さまのようなのがあっても良いと思うので(特に今期は暗いのが多い)、これはこれで有りでしょう。Campas2やってたゼクシスなので絵的にはレベルをキープできそうだし今後に期待して継続します。

「Kanon」(BSi):言わずと知れたAirに続くKey*京アニ泣きゲーシリーズ第二弾。初の2クールで落ち着いた入りですね。Airのすかっと抜けた青空に比べて雪景色でもありますし、ハルヒのような派手なアクションも無さそう。画質はSD-upでDVDやBlueRayで最高の品質を期待させる魂胆ですか・・・。売るためにLBにする輩より全然ましですけど。原作未プレイなのでゆっくりと見ることにしますが、やっぱりこっちよりClannadをと思ってしまったのは内緒です。あとほっちゃんの声は「ようこ」とか「シエスタ」の方が合ってるとか、「うぐぅ」より「がぉ」の方が耳に残るとかも・・・

「009-1」(TBS):釈ちゃんの演技はタレントにしてはぎりぎり及第点というところ。アニメとしては悪くないと思いますが、何でいまさら東西冷戦ものなのかというのが正直な疑問です。一応継続しますが録画は水曜のBSiで。

「あさっての方向」(TBS):どうしたってからだは低学年以下にしか見えません。となると同級生や尋が普通にロリコン(尋は+シスコン)に見えます。からだのコンプレックスという設定はあるにしろ絶対狙ってるのではと思えてしまう。演出も椒子にあえて意地悪をさせて尋が最低な台詞で淑子にあきらめさせようとするあたり、見えすいた安さを感じました。今後に期待してつきあいますがデジタルが護くんとほとんど微妙に被るのでどっちにするか悩むところ。

「マージナルプリンス~月桂樹の王子達~」(TVK):もう何だかタイトルからして匂いまくってます。これは見なくても対象外じゃ?と思いながらちょっとだけ見ましたが・・・。やっぱり。

「はぴねす」(TVK):蟲師・僕いたのアートランドが手がけるPCゲーム原作アニメってことで注目です。といってもリボーンもあるし今期3本はいかにも多すぎじゃあ?まだ流し見ですが明らかに崩れた絵もあったように思います。内容は順当に主人公がヒロインとくっつくアニメになりそうですね。何気にTVK地デジで額縁解除(実はちょこっとsisterが最初らしいです)されてたんですがまた悩みが増えてしまった。継続。

「すもももももも~地上最強のヨメ~」(EX):これもHV製作ですが、この絵だったらムダな高品質という感じです。もも子のキャラデザがどうにも趣味に合わないんですが、逆セクハラのギャグキャラと割り切れってことなんでしょうね。ヘタレの孝士がまともになって、もも子が女の子に目覚めるなんて展開があるのかなあと思いますが、う~んどうしよう、切り・・・かな。

あと再放送ですが「学園アリス」(NHK)、枠移動の「銀魂」(TX)を継続、「砂沙美魔法少女クラブ2」(WOW)、「リトルアインシュタイン」(TX)、「人造昆虫カブトボーグ VxV」(BSj)は見ず切りしました。

忘れてたけど「ザ・サード」(WOW)も継続。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年10月 5日 (木)

10月の新番(3)

10月4日分・・・そろそろ体力的に限界かも。土曜に15本とかあるんですが・・・

「ネギま!?」(TX):内容よりも問答無用の左右ぶった切りSD画角が気になりました。DeathNoteといいこんなことやっても反感買うだけでDVDが売れるとは思えないんですが・・・。中身は延々31人の紹介が入りましたが絶対覚えきれませんから(声も能登さん位しか区別できなかったし)。これでお当番回とか回されたら切りますがそうでもないようなのでしばらく様子見。録画は16:9で放送するらしいBSjに変更します。

「武装錬金」(TX):「臓物をぶちまけろっ」ですか?エルルゥさんそんなハシタナイ。まひろの作画がしょぼいと感じたのは私だけなんでしょうか?今後に期待して見ますがXEBECさんどこまでふんばれるのか?

「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」(TX):タイトル長いですねこりゃ。いままでのスパロボアニメでは1番まともらしいですが(何せうたわれスタッフだし)ゲームも含めて全く知らないし・・・。栗の子のEDだけで見続けるのも限界がありそうですがちょっと様子を見てみます。

「夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love-」(BSi):この手の作品はキャラ絵の作画さえ良ければ先ずは許しますが初回からこれですか?となグラの作画をこっちに回して欲しかった。原作のシナリオもたいしたことないと思いますけど、アニメオリジナル要素は輪をかけて外しまくりだしこのままでは駄ニメへの道まっしぐらです。良かったのは声とOP/ED曲くらい。鼻つまみは主人公ハーレムのマーキングか何かですか?TBSフェスから1.5ヶ月もあったのだから2話以降改善を期待しますが望み薄ですねこれは。

「蒼天の拳」(EX):画角チェックのためにとりあえず流し見。何これアナログがLBで地デジがHVですか?デジタルは被ってるので録画できないんですが・・。まあ画質にこだわるようなアニメでも無さそうだから良いかな?一応継続するつもり。

あと新番ではないけど 「イノセントヴィーナス」(WOW)、「ちょこっとsister」(TVK)を継続、「ガンダムSEED」(TBS)はまともな録画が無いので再録。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 4日 (水)

10月の新番(2)

10月2日分

「ときめきメモリアル Only Love」(TX):実はまだ見てないんですが、評価は割れているようですね。嵌れば面白いのかも?とりあえず1回見てから判断。

「Pumpkin Scissors」(TVK):感想UP済み。もちろん継続。

あと新番ではないけど 「N・H・Kにようこそ」(TVK)を継続。

10月3日分・・・なんだかやたらダークなアニメが集中している火曜日

「D.Gray-man」(TX):トムスにしては良くできてたんじゃないかなあこれ。夕方帯は子供向けという感もありますが、まあ見れるレベルなので継続します。

「DEATH NOTE」(NTV):先ずはこれだけ注目されている番組を平然と額縁で流す神経を疑う。日テレは本当に地デジを推進するつもりがあるのかいな?内容は予想以上にダークですね。これ本当に3クールもやるのでしょうか?DVD目標の15億売るのは難しいんじゃないかなあ(1巻あたり恐らく1.5~2万本位必要)。とりあえず私は買わないけど・・。話題作でもあり継続はしますけど録画はアナログに変更。

「ゴーストハント」(TX):これはまた正しく少女マンガしてますね。でもストーリーそのものは面白そうなので継続してみる。

「ヤマトナデシコ七変化」(TX):何てギャグですかこれ?男性キャラ絵のキモさは異様としか言い様が無いです。スナ子も似たようなもんですが・・。ああ、女性から見れば萌えキャラの作画なんて同じように見えるんでしょうね。まあ、火曜日で笑えるのはこれしかないから暫く付き合ってみますか。

「Black Lagoon」(TVK):セカンド何とかって副題だけど普通に13話になってるじゃないの?もうラグーン商会は脇役のような気がします。こっちもどんどん暗い話になりそうですね。あと、口パクは放送コードにかかるから仕方無いのでしょうが、完全版になったからと言ってこのためにDVD買う人が増えるとは思えません。継続。

「RED GARDEN」(EX):松尾監督はRozenよりもこういうオリジナルがやりたかったのだろうけど、誰に向けて作っているのかよく解からないので世間的にはさほど成功しないと思う。テレ朝は深夜アニメでもきちんとHV製作なので好感が持てますが、打ち切りにならないことを祈ります。一応継続するつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

10月の新番(1)

今期も新作50本以上ですか・・・意外とこれは切りってのが少ないから悩みますね。

先ずは8月後半~9月にフライングした作品

「あゆまゆ劇場」(net):君望リメイクの前座として月1回君望ラジオ内で更新。500kの線は細すぎるのでどっかTVでやってくれないかなあこれ。内容はともかく(原作とよく似た声の)豪華声優陣使って台詞は一言だけ(夕呼先生なんてしゃべってないし)とかもったいないですね。週一更新はできないんでしょうか?もちろん継続。

「シュヴァリエ」(WOW):もう半クール終わってますねこれ。ようやく物語が動き出したって感じでしょうか?というかどんどん女装ネタアニメになっているような気がするんですが・・・継続。

「BLACK BLOOD BROTHERS」(Kids):いろんなところでやってますがキッズステーションにて視聴。1話は原作未読者おいてけぼりな感じでしたが、2話以降は面白く視聴しています。継続。

「シルクロード少年 ユート」(NHKBS2):内容的には面白そうなところもあるんだけど2話のオバサマ軍団に辟易して視聴断念。フルCGアニメってのはまだまだ発展途上なのでしょうか?

あと「ポケモン」(TX)は見ず切り、「オーバン・スターレーサーズ」(Disney)は未加入有料チャンネルのため見れませんした。

続いて10月1日分

「金色のコルダ」(TX):とりあえず良かったたのはリリ@水橋かおりだったりして・・・。あとき~やんとかそれだけで見ていそう。次のギャラクシーも含めてTXの16:9アニメは地デジフルだったのか・・・様子見。

「ギャラクシーエンジェる~ん」(TX):脱力系のギャグアニメはあまり趣味ではないんですが、サテライト得意のCG艦隊とのギャップが凄いですね・・・とりあえず様子見。

あと新作では無いですが、

「世界名作劇場完結版」(BSフジ):録画したけどフランダースの犬は可哀想過ぎて見る気がしません。一応DVDに焼いておきますが・・・。ものによって見る予定。

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(BSi):これ見ると最近のが嫌われる理由が良くわかります(私はそれほど嫌いじゃないけど)。ファーストのアムロは性格が幼すぎるように感じたけど、更に子供の主人公の感情が上手く表現されてますね。半クールだし楽しみに見ます。

「ワンピース」(CX):枠移動を機に見直して見る。もしかしてHVだけど回想シーンだけSDだったのかなこれ?アナログで録画することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Pumpkin Scissors 第1話

「不可視の9番」

個人的には今期一番の期待作。「信者」と言っても良いですが1話としては期待通りのできでした。

特に良かったのはオーランド伍長。Aパートの昼行灯的なとぼけた味と、Bパートの狂気のギャップが非常に良く描けていました。アリス少尉の作画も良好で、正直女神さまをこのレベルでやって欲しかったと思ってしまった位です(このアニメGONZOですが製作スタジオはAIC)。「悪即斬」はもう少し派手にやって欲しかったとか、戦車のCGがちょっととか、銃を始めとした音響が・・・とか細かい点で気になったことはありましたが、全体的にはこのレベルで作ってくれれば十分合格でしょう。GONZOフェスタでは中の人たちも弾けていたようで良い雰囲気で製作も進んでいるのではないかと思います。

気高いアリス少尉を筆頭に非常にキャラ立ちの良いこの作品、メンバーそれぞれの心の葛藤と成長がどのように描かれていくのか非常に楽しみです。この調子ならDVD買っても良いとまで思いますが、ただ気になるのはこのペースだとじきに原作ストックを消費してしまうのでやはりオリジナルのできです。

ただあまりの深夜でさすがに毎回生見はきついかな。せっかくTVK準最速なんですが・・。関係無いけどオトボクのCMは地デジでフルサイズなんですが、TVKでも額縁解除されるんでしょうかね?そもそもこの作品はどっちなんだろう(チューナーが塞がっててデジタルは見れなかったので・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (38)

2006年10月 1日 (日)

9月に終了したアニメ(3)

さらに続き。

シムーン:なんだか感想書き難いですね。綺麗な背景とか、キャラデザとか見るべきところは有ったと思います。結局シビュラたちの少女からの卒業みたいな内容だったように思いますが、どうも私にはよく分からない話でした。アーエルとかネヴィリルとかあまり好みのキャラでは無かったですが性格変えてもこの話は出来なかったでしょうし・・。とりあえず2.5点で。

となグラ:隣同士の幼馴染ってのは使い古されたシナリオですが、それをベタにそのままやってくれた感じですね。ただ香月が肝心なことを忘れていて、ひたすら勇治とすれ違う回が後半何話も続いてテンションが下がってしまうなどうまくシナリオが料理できているとは言い難いと感じました。特に後半の香月はダメダメで、こうなると比較的良好だった作画はもっと他の作品に回して欲しかったと思ってしまいます。2点。

ひぐらしの鳴く頃に:原作ファンの方にはあまり評判良くない?ようですが私は未プレイなのでそれなりに楽しめたと思います。特に詩音は怖かったなあ・・。キャラデザも私は悪くなかったと思います。ただし、アニメの結末は「何それ」という感じで、分かっていたこととは言え「真の結末はゲームで」みたいな終わり方はやはり残念でした。3点。

うたわれるもの:こちらはひぐらしとは逆で原作ファンの方の評価も非常に良いようです。アダルトゲーム原作のアニメと言えばグダグダの原作プロモ的のが多い中で、高レベルの作画で原作の複雑な世界を描ききったところに好感が集まっているようです。私は原作未プレイですが十分楽しむことができました。ただ、やはり原作知らないと設定が理解できない部分があったのと、個人的にはもうちょっと恋愛要素を出して欲しかったです(エルルゥとの関係は原作でも同じなのかも知れませんが?)。ともあれ、これだけ素晴らしいアニメを貰えた原作(ファン)は幸せですね。羨ましいけどいまさら原作やる気までは起きませんでした。3.5点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »