« ゼロの使い魔 感想 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 感想 »

2006年9月26日 (火)

9月に終了したアニメ(1)

個別に立てるほどでもないのはある程度まとめて行こうと思います。

つよきす Cool×Sweet:原作ファンからは「これはつよきすでは無い」とまで言われた本作。案外普通のラブコメとして収束するかと思えば、最後にやってくれましたトライネットクオリティのちゃぶ台返し・・・。やっぱり微妙にラブコメで終わったような感じもしますが、これってやっぱりツンデレじゃないよね?何がやりたくてこのアニメ作ったんだろうかでっかい謎でした。普通に終われば2.5点と思いましたが最終回で自己否定されては2点にします。

コヨーテラグタイムショー:巷では1話が神回だったとの話ですが私は録画ミスってしまって見れていないのです。宇宙モノで期待してたんですが後は回が進むに従って全てが訳がわからない状態に・・・。1クールならいっそのこと割り切って12姉妹ものにすれば良かったのにとの声があがるのも尤もです。ソルティが良かったのでおっさんアニメを狙ったのでしょうかね?ufotableの評価を一気に下げてしまいました。1.5点。

ウィッチブレイド:最終回こそハンカチ用意して待ってたのに意外とあっさり終わってしまった肩透かし感がありましたが親子モノとしてかなり堪能できました。最初は能登さんをハアハア言わすだけのアニメかと思いましたが、さすがは小林さん、アメコミ原作でもしっかり人情モノにしてしまいましたね。3点。

ああっ女神さまっ それぞれの翼:もうず~っとラブラブな二人がひたすら甘~いでれでれを繰り返す話。今期は代わってウルドやスクルドが話を動かしていました。余力を残して3期突入を目指すようです。何回か有った作画乱れ回やヘタレすぎる螢一回もなんのその、信者ポイントを加算して4点。それでいいのか自分?

スクールランブル二学期:こっちも修学旅行残して三学期を目指すみたいですが、DVD売上が世間の評価を表しているようで大丈夫なんでしょうか?一言で言えば微妙~。登場人物増やしすぎて話が散漫になってしまったんでしょうか?最後の記憶喪失ネタもあんまりだと思う。期待はずれの減点も加味してきびしめに2点。播磨にゃ八雲の方が合ってるよ絶対。って言うか天満はもう完全に宇宙人に行ってしまったんでは?

|

« ゼロの使い魔 感想 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32251/3591211

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に終了したアニメ(1):

« ゼロの使い魔 感想 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 感想 »