« いぬかみっ 感想 | トップページ | 9月に終了したアニメ(3) »

2006年9月29日 (金)

9月に終了したアニメ(2)

続きです。

Blood+:深夜で2クール位に纏めていれば全然違った評価になったかも知れないけど、土6の壁に苦しんだアニメですね。世評では小夜の迷走っぷりが(そのままスタッフの迷走?)指摘されていますが、個人的にはカイにどうしても共感できませんでした。カイにとってはかなりトホホなendingでしたが、ザマミロと思えなくもなかったり・・。あと、魔法の言葉使いすぎ・・・魔法の言葉は使えば使うほどその効力を減じて行くものです。ま、1年間さほど破綻なくできたということで2.5点。

Angel Heart:こっちも1年もの。上のはどうやら家族をテーマにしたかった?のかも知れませんがこちらは正真正銘徹底的に親子や兄弟の情愛を描いたもの。深夜アニメ見てる子持ちは少ないと思うけど世間の親に見せたかった作品です。SoweluやSOSのOP/ED曲もぴったりマッチしていました。ただ成長したCHファンをターゲットにしたかったのかも知れませんが、CHファンはいまだにCHに期待してたりというギャップもありました。あと主役の棒読みを指摘される方もいましたが、もともと日本語は不自由なはずなのでそっちはあまり気になりませんでした。ゲスト歌手の棒読みは最低でしたけど。作画さえ良ければもっと高い評価するんですが、かなり興を殺がれるので減点して3.5点とします。

xxxHolic:う~ん。肝心な種明かしを投げっぱなしにして終わってしまいましたねえ。原作も佳境だし仕方が無いと言えば仕方が無いですが、もうちょっと全員登場の最終話向けの話も残っていると思うんですがそっちもやらないまま・・。これは半年後とかに2期をやりたいってことなんでしょう。楽しんできましたが現時点では3点までしか付けられません。

ゼーガペイン:世間(といってもごく一部ですが)に新たな計量単位を生み出した画期的なアニメ。ちなみに1ゼーガとは発売1週間のDVD売上1900枚位のことで、これを下回るととても恥ずかしいのだとか・・・(というかさすがに赤字でしょう)。できは良いと思うんですけどね。エウレカみたいに深夜で再放送すれば視聴率上がるんではと思います。ただ私の苦手な熱血から回りタイプの主人公でおまけに棒読み新人声優という高いハンデのため危うく私も切りそうになりました。最後のほうはかなり楽しめたので3点にします。・・・あの妊娠endは何だ・・・ああ実体化できたってことか・・・

|

« いぬかみっ 感想 | トップページ | 9月に終了したアニメ(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32251/3624477

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に終了したアニメ(2):

« いぬかみっ 感想 | トップページ | 9月に終了したアニメ(3) »