« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第4話

「ああっ世界を幸で満たしたいっ」

今回はベルダンディーがコーラで酔っ払って、怪しげな幸福をみんなに振りまく話。これは原作15巻、比較的あたらし目(と言っても10年前)の話ですね。原作では最後に出てきてベルダンディーに絡んでいたのは1回限りのゲストキャラでしたが、ここに青島を持ってきてベルダンディーに蛍一への想いを語らせたのは効果的だったと思います。となれば、前半に沙夜子が出てくるのは自然な流れですし、井上さんにOPを歌わせたのも良かったと思います。

ということで、今回はストーリーとしては良かった。作画は少し不満でしたけど。それから前回の指輪の話はOVAと書きましたが、もともと原作2巻という随分最初の方の話でした。こっちは原作の方がすっきりしていて良かったと思うことに変わりはありません。正直言ってもう蛍一に些細なことで土下座させるのは止めて欲しいです。あれでは単なるプライドのかけらも無いダメ男。原作では珍しいベルダンディーのツンデレ?もあったのにあっさり指輪受け取っていましたし。

次回はまたまた古い話、矢間野里子さん登場ですか?この分では今期も大して話は進みそうもないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

XXXHolic・第4話

「ウラナイ」

今回は本物の占い師とはどういう存在であるかという話。Aパートででてきた「死んでいない」というネタは有名なので(原作でも使われていたと思う)多くの方が最初から分ってしまったのではないかと思います。そうなると「四月一日簡単に騙されちゃって・・」というヌルイ目で続きを見続けることになるのですが、四月一日も最後にはこの占い師が何も見えていないことに気付いていました。

Bパートは本物の占い師、こちらは何も聞いていないのに何でも四月一日の聞きたいことを当てる。しかも四月一日が知りたくても本人のためにならないこと、例えばひまわりちゃんとの関係は教えない。

う~ん世間的にはAの占い師の方が受けが良いような気がしますね。結局占いって自分の聞きたい答えを求めているような気もするし・・

まあ、今回は四月一日の生い立ちが少し明らかになった回ということなのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006年4月27日 (木)

いぬかみっ・第4話

「やらずのかっぽう着っ!」

今回は、なでしこが啓太のところにやって来てようことの関係が・・・って話になるのかと思ったらそんなことは全然無くて、むしろなでしこと残り9匹のいぬかみの和解とちょっぴりようこと啓太の信頼関係が伺える話でした。

でも、正直言ってありがちな話であまり面白くありませんでした。ようこが強すぎてハラハラしないし、せんだん達が啓太をけなすところも唐突で無理やりきっかけを作っているような感じで嘘臭かったです。それはそうとドラゴンズ30連勝って何?中日ファンなのか?

あと、今回の作画は殆どギャグアニメかと思う程ですが、内容はギャグじゃないんですよね。やっぱり今期のアニメ本数の多さが全体的にレベルを引き下げているってことでしょうか?こんなことやってると・・・

結論としては「まいったなあ。このレベルの作画とストーリーじゃがっかりだ。」というところですが、次回のベタなタイトルに期待して見ることにします。

| | コメント (1) | トラックバック (27)

2006年4月25日 (火)

涼宮ハルヒの憂鬱・第4話

「涼宮ハルヒの退屈」

野球ですね。原作通り。これじゃ感想にならないのでキャプ絵でごまかして見る。

Cap001_5 ナースも良いけどやっぱりメイドが・・

Cap002_5 極上の笑顔って言うより、悪ガキの得意顔。

Cap003_6 ハルヒって基本的にキョン見てるんだよね。

Cap004_3 ああ、ついみくるちゃんに・・野球部員と一緒だ。

Cap005_4 無駄な?ハイクオリティーの証明・・。

Cap006_5 ハルヒに選ばれてしまったキョンはみくると仲良くすることも許されない・・。

Cap007_5 鶴屋さんは飄々としたところが良いです。

Cap008_4 キョン見てポニテを止めたのは、キョンがポニテが良いって言ったから・・

Cap009_5 話し飛んでちゃこのへんはさっぱりわからんでしょ。

Cap010_5 しっかり本読んでるし・・。個人的には眼鏡は趣味じゃないのでこっちの方が良い。

Cap011_5 キョンの4番がハルヒが望んだことなら、ファインプレーだって・・。いろいろ考えるのが原作の楽しみの一つです。

Cap012_2 ここのネタは憂鬱の一番のポイントなので、ネタバラシはしません。何の不満があるのかと言いたいところだけど、それを言っちゃあ話にならないか?

Cap013_5 でホーミングモードと・・

Cap014_6 タッチをバックにインチキ魔球で快勝。

Cap015_4 今一度言おう。キョンよこの笑顔に何の不満がある?

Cap016_4

Cap017_3 そりゃこっちも捨てがたいが・・

| | コメント (0)

2006年4月24日 (月)

Fate/stay night・第16話

「約束された勝利の剣」

今回はvsバーサーカー戦と見せかけて、またもセイバー画像を楽しむ回でした。本当か?あの入浴シーンはうるし原氏原画らしいし・・

Cap001_4 凛を助けようとするが、やはりセイバーでは・・。凛が潰れないのは宝石使って魔術かけているかららしいのだが、そんなの原作プレイ済みでも覚えちゃいない。

Cap005_3 えーとここで士郎は令呪使ってエクスカリバーの発動を止めたんだっけ。

Cap006_4 士郎はセイバーの使える剣として、カリバーンを投影。タイトルと剣の種類が違うって話ですが、Bパートでは凛がエクスカリバーの薀蓄たれてるし紛らわしいなあ。

Cap007_4 イリヤも開いた口がふさがらない・・

Cap009_4 でこれが噂のケーキ入刀。ま、感動もそこそこってことで、アーチャーに比べれば扱いが粗末なのは士郎だから仕方無い?

Cap013_4 それにしてもこの絵は何だったんだ?セイバーが夢を見たって言うからてっきりそっちかと思ってしまった。

Cap017_2 ロリブルマはいきなり士郎宅になじむ。

Cap019_4 士郎に甘えるイリヤに怒るセイバー。

Cap022_3 当然イリヤを匿うことに反対するが・・

Cap023_3 思うところがあって賛成に回った凛。アーチャーを殺られたことは絶対許さないと言っていたが・・。みんなワカメはスルーだ、日頃の行いの問題?

Cap025_3 士郎の迎えた客は礼を持って扱う。いかにもセイバーらしい。

で、ここから問題?の入浴シーン。

Cap027_3

Cap028_3

Cap029_4

Cap030_6 最高ですかあ?

Cap036_1 士郎はセイバーに似ている。自分の命が勘定に入っていない。それはセイバーが聖杯に望むやり直したいこと?

Cap037_3 キャスターは溜め込んだ魔力で魔術師を依りしろに聖杯を引き寄せるらしい。来週からオリジナル展開になるということか。

Cap039_5 それも狙いはこっちではなくて・・

Cap040_1 こちら・・。黒桜きてしまうのか?

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2006年4月23日 (日)

夢使い・第3話

「ふくらむ恋心」

四次元鋏、超電導フリスビー、ドリームサイクロン一気に出してきました。今回の話は告白できない恋心が悪夢を生み出してしまうってものなのですが、あまりの作画の崩壊振りにストーリーに集中するのが難しかったです。夕子が悪夢にでてきたように髪染めて派手派手の化粧で男たちを幻惑するというオチにはニヤリとさせられてしまいましたが場面場面で別キャラと見紛うばかりの作画のブレと大量の崩れ絵には著しく興を削がれました。

その中で良かったと思うのは美砂子のドリームサイクロンプログラム転送シーンです。V設定確認のVってあれなんですけど原作知らない人には解ったんでしょうかねえ。あとその後の戦闘シーンも作画としてはましだったかも知れません。

製作協力オフィスていくおふって丸投げなのでしょうか?そこから更に半島へ下請けに出してるってこと?別にに何をどう作ろうが品質が確保されていれば文句はありませんが、DVDでは作画修正希望します。このままでは、せっかくの見せ場が盛り上がらないし、第一買う気が・・・

| | コメント (3) | トラックバック (8)

2006年4月21日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第3話

「ああっ聖夜に捧げるこの想いっ!」

今回はやはり蛍一がバイトして指輪を買う話。でもOVAの内容よりはかなり劣化しているような・・。蛍一が指輪を買う理由はウルドにそそのかされたみたいな感じになってしまっているし、無理やり沙夜子を登場されることで却って一番盛り上がるところがグダグダになってしまっているように思えてしまいます。

作画も前期にもあったけど、頬のラインが直線的に引かれてまるでホームベースのようになってしまっている。蛍一の目もまるで腐った魚みたいな目で全く生気が感じられない・・。あえて名前は出さないけどこの回の脚本・作監の組み合わせではは全く期待出来ないということでしょうか。

次回は、また沙夜子登場させるみたいですが、いくら能登さんが有名になったからと言って無理に出すのはどうかと思います。ま、出来がよければ文句はないですけど・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

XXXHolic・第3話

「エンゼル」

今回はエンゼル(こっくり)さんをやった女子高生のちょっとした恨みや嫉みの思念の残り滓があやかしとなるという話。

と言っても具体的に取り憑かれた女子高生が登場する訳では無く、この話の主眼は四月一日があやかしが見えあやかしに憑かれやすい(もっと言えば好かれる)存在であり、百目鬼があやかしは見えないがあやかしを払う存在であることを示すことにあります。さらに言えばこの2人にからむひまわりちゃんももちろん普通の存在ではないはずですが、原作でもそこらあたりは明らかにされていません。ということで重要な設定が明かされたと言う以外、感想を書くのが難しい回でした。

あと、作画は前回よりは気にならなかったです。怪しいのもいくつか合ったような気もしますけど・・。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006年4月20日 (木)

いぬかみっ・第3話

「水着でたいじっ!」

あれっ、オトコのハダカアニメじゃなかったんだこれ。ようこって力は強力だけど嫉妬深くって家事もNGって設定なんですね。ま、何でもできて聞き分けが良くて、おまけに主人公に首ったけなんてのはオタクの理想かも知れないけど、話の動かしようが無いから・・ああ、ベルダンディーか。ようこの方はまぶらほ夕菜を思い出してしまいました。あっちの方は家事は万能ですけど。

新キャラの中ではなでしこですね。ピンク髪だし、メイドだし・・・黒いという噂もあるんですが・・。次回からなでしこが啓太のところにやってくることで、ようこと啓太の関係に変化がおきるのでしょうか?

それから、みなさん指摘してることですが、漢の裸やめた途端普通のアニメになってパワーダウンした気がします。今後どう盛り上げてくれるかですね。また、そのうちまた出してくるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2006年4月19日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱・第3話

「涼宮ハルヒの憂鬱II」

案外話が進まなかったですね。コンピュータ研からパソコン強奪、バニーでビラ配り、長門さんの告白?ここまでやって次は野球ですか・・。これは最初から2期を想定してエピソードを残しておく作戦と見ました。もしかして短編挟みながらタイトル通り憂鬱でおしまい?ああ、映画最初に持ってきたから溜息くらいは途中でこなすのだろうけど。

ここまでの話はキョンの独白はさておいて、明らかにみくるのポンコツ振りを楽しむ内容になってました。パソコン強奪なんてのは常識的には犯罪もいいところだから、笑い飛ばせない人は脱落したかもしれませんが、つかみとしては良かったのではないかと思います。ただ、今後憂鬱だけで終わってしまうとするとハルヒのもう一つの楽しみのタイムパラドックスネタが殆ど無くなってしまうのがちょっと残念です。

今日は体調不良につきこのあたりで・・

| | コメント (0) | トラックバック (40)

2006年4月18日 (火)

Fate/stay night・第15話

「12の試練」

今回は新OPとセイバーの表情を楽しむ回ってことで。

Cap003_5 もう残り9話か・・再登場の機会はあるのかな?

Cap004_2

Cap006_3 奥の人はDVD特典くらいか・・

Cap007_3 背景画像がなんとも・・

Cap008_3 この方も退場してから久しい・・結構好みなんだが。

Cap009_3 こちらは来週までか・・

Cap010_4 すでにお亡くなりになった方も・・

Cap011_4 こちらは再登場しそうですね。

Cap012_1 素顔は出ないのか・・

Cap013_3

Cap014_5 凛の表情は難しいなあ・・

Cap015_3 もう見れないのか・・

Cap017_1 これはサービスか?

Cap018_3

Cap020_4

Cap021_3 やっとOP終わり。歌は前のが良かった気がします。

で、以下セイバー画像集。

Cap022_2

Cap023_2

Cap024_4

Cap026_3

Cap029_3

Cap030_5 おっとこれは違った。

Cap031_3

Cap032_2 お約束・・

Cap033_1

Cap035_1 カモンって表情が怖いんですけど・・

Cap037_2 こいつはブーイングの嵐でしたね。

Cap038_1 ま、エロゲじゃないいんだかからこんなもんでしょ・・

Cap039_4 この顔見て想像しろと・・

Cap046_2 魔術回路が繋がったとかいってますが、それにしては表情が・・

Cap054_1 デレているとイリヤの怒り倍増でやられてしまう・・

Cap057_2 通常の戦闘ではやっぱり敵わないってことか?

Cap059_2 そこへ凛がさっそうと登場するも・・

Cap064_1 バーサーカーの反則ワザで

Cap065 助かるまで潰されないのはお約束です。

ということで、凛は1週間バーサーカーの責め苦に・・。次回は初めて士郎が活躍するらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (58)

2006年4月16日 (日)

夢使い・第2話

「優しい靴音」

どうもこのアニメゲストキャラの方が作画が良いような・・。ま良いけど。今回は金曜星の夢使い橘一の登場です。原作通りの○リ○ド設定、登場の仕方もほとんどそのまんまだったですね。思わずニヤリとしてしまいました。

それにしても今回の話、あっけらかんとした雰囲気ですね。悪夢って言っても出てくるのはテディベアだし。橘ももっと怪しげな奴っだってイメージがあるのですが、関さんは普通に明るく演技している感じです。あまりやりすぎるとただの変態になってしまうので難しいところですが・・。まあ、原作厨なコメントはもう言っても仕方無いからこれで止めます。

内容そのものについては綺麗にまとまって良い話だったと思います。纏まりすぎという気もしないではないですが・・。構成の小林さんは特撮出身の方なので1話で話を纏めるのはお手の物なのかもしれません。

全十二話だからもう前半はこんな感じで行くんでしょう。これだけでも普通に楽しめるものにはなっていると思いますが、後半には数話使って盛り上がる話を持ってきて欲しいです。恐らく続編なんてことは無い?でしょうから思い切ってね。関西ABCはU局じゃないから制約が大きいのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年4月15日 (土)

新番まとめ

結局視聴57本 残っているのが40本 他にさくらとAirの再放送があるから合計42本、△レベルの15本は5話までに○になる可能性が無いと見たら切って半分に減らす予定。

○レベルのは自分の嗜好が大分入ってます。こうして見ると日曜が一番の当たりですね。ARIAは2話の作画の乱れが気になりました。

◎ : 一押し、 ○ : おもろ、 △ : 何かあるかも又は微妙 × : 切り、 - 不可又は見ず切り

土曜日

○ 夢使い、ひぐらしのなく頃に

○-△ Blood+、西の善き魔女、(ツバサクロニクル)

△ ひまわりっ、女子高生、彩雲国物語、ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!

× 妖怪人間ベム、格闘美神武龍Rebirth、少女チャングムの夢、

- 学園ヘブン、Tokko特公、おはコロシアム

日曜日

◎ Fate/stay night

○ スクールランブル2学期、うたわれるもの

○-△ Aria the Natural

△ MUSASHI

× 牙、おねがい マイメロディ ~くるくるシャッフル!、アクビガール、ぽかぽかの森のラスカル

- デジモンセイバーズ

月曜日

◎ 涼宮ハルヒの憂鬱

○ 吉永さんちのガーゴイル

○-△ RAY THE ANIMATION

△ ストロベリーパニック、シムーン

× 妖逆門、ブラックジャック21

火曜日

○ 桜蘭高校ホスト部、BLACK LAGOON

○-△ 銀魂、エンジェルハート

△ ガラスの艦隊、エアギア

× ラブゲッchu声優白書

水曜日

○-△ いぬかみっ、錬金3級まじかる?ぽか~ん、プリンセスプリンセス

△ NANA、.hack//roots、姫様ご用心

× スパイダーライダーズ、The Frogman Show

木曜日

○ XXXHolic、ああっ女神様~それぞれの翼

○-△ 魔界戦記ディスガイア、かりん、ザ・サード ~蒼い瞳の少女~、

△ ZEGAPAIN、獣王星

× リングにかけろ1日米決戦編、砂沙美☆魔法少女クラブ、吉宗

金曜日

○ サムライ7

○-△ ウィッチブレイド

△ SoulLink

× きらりん☆レボリューション、しばわんこの和のこころ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4月12・13日分

これでようやく新番組も一段落。一体何本見たんだろう。

姫様ご用心 (WOW) : とりあえず姫子おばかすぎ・・。なんだ最近のアニメはオトコの裸見せるのが流行ってるのかいな?なんとも微妙だがちょっと様子見。

砂沙美☆魔法少女クラブ (WOW) : 原作もな~んにも知りませんこれ。こんどは小学生新人声優ですか。もう良いやこういうの。明らかに子供向けだし。その割にパンツ出してたけど。断念。

ザ・サード ~蒼い瞳の少女~ (WOW) : なんとなくSFものっぽいなあ。となると見逃せない。ここは2クールなのか。最近1クールのテンポ慣れてきたせいか2クールはのんびりと感じてしまいますね。とりあえず次回への興味は見えたので継続。

獣王星 (CX) : もうアニメは期待されていないのではないかと思うフジ系列。初回に女性が登場しないのかこのアニメは?アニオタに対する挑戦ですか?。ネタとして光一君が登場するまでは見てみる。

吉宗 (TVK) : これはパチンコの宣伝アニメですか?あばれんぼう将軍。もう良いでしょう。許して・・断念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月14日 (金)

ああっ女神さまっ それぞれの翼・第2話

「ああっ悩める復讐の女王さまっ」

原作7巻のベルダンディーが蛍一にセーターを編む話です。それにしても原作の1話でアニメ1話を作ってしまうのは結構荒業かもしれないですね。これだと何クールでもできてしまう。

今回は沙夜子と螢一のデートシーンがたっぷり追加されていて、何気に能登さん大会でした。今期も節々で沙夜子の活躍(暗躍)があるのでしょうか?まだ暗鬼の話とか大学を城にしてしまう話とかは残ってはいるんですが・・・。アニメの沙夜子は螢一に対する恋心をはっきりさせていて、却って螢一とベルダンディーの絆が際立つという構図になっています。何故?という疑問は残るものの意図は成功しているのではないかと思います。

第一期の大半は螢一が単なる「底抜けの善人」として描かれていて、沙夜子が自分になびかないものに興味を持つということ以上に好意を持つ要素は感じられませんでした。このあたりが原因で一期では多くの方が切ってしまったのではと思います。

今期のテーマは沙夜子が言っていたとおり人間としての情愛に目覚めた女神様を描くってことのようです。OPを見るとベルダンディーが螢一に嫉妬する話とか有りそうですし・・。それはそれで大いに期待するんですが、もっと大きい話もやって欲しいです。このまま行くと2クールでも今期はせいぜいヴェルスパーあたりまでか・・。何期までやるつもりなのか知りませんが、世間の人気というのもある訳ですからバランスとって頑張って欲しいものです。ハートフル路線で盛り返すことができれば良いですけど・・。

作画の方は1話より良いように感じました。低めの作画でスタートしてレベルを安定させるって作戦でしょうか?1話で切られては元も子もないんですけど・・

次回は螢一がバイトしてベルダンディーに指輪を贈る話なのかな?今回の話と対みたいですがこの話ってもともとOVAのラストじゃなかったっけ。まあ話の内容は変えてくるんでしょうけど・・贈るのも指輪とは決まって無いか。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

XXXHolic・第2話

「キョゲン」

今回はタイトル通り虚言癖のある女性の話。日ごろ何気なくついてしまう嘘が自分を少しずつ取り込んで不幸を招いてしまうってことでしょうか?何となくそんなこともあるかなと思わせながら、因果応報臭さを感じさせないところがこの話のセンスですね。

四月一日君の方はすっかりおもちゃになっていますが、ちょっとイメージよりうるさい感じです。確かに原作でも同じようなものなんですが、やっぱり実際の台詞になってみると少し耳障りのように思いました。まあ、微妙なとこだと思いますが。

それにしても2話にして作画がかなり危ないのはどうしたことだ?IGさん上場したのは良いが肝心の品質落としてどうする。作画が落ちると通行人の線画も仕様では無く手抜きと疑ってしまう。こうなると京アニさんの凄さばかりが際立ってしまいますね。もっと頑張ってくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2006年4月13日 (木)

いぬかみっ・第2話

「マッチョがぺろぺろっ!」

悩んだけど水曜の感想はこちらに。まじぽかは一日遅れだし、.hackは切るかも知れないし、プリプリは・・・書くかも???

でこのアニメって世のアニヲタに対するアンチテーゼになってないですか?正統派アイドル声優のほっちゃん使って萌えアニメと見せかけておいて、実は出るのは常にオトコの裸。むさいオトコの裸でアニヲタの夢を爆砕しようとしているのです。私もほとんど殺られそうだ・・・。

ま、今回は啓太が案外かっこよく(と言うのも気が引けるが)軟派だけではないところを見せ、ナウシカパロをやり、ちゃんとオチまで用意されて、お話としては出来ていたと思います。

それでも次回も裸もの・・。どこまで耐えられるかの勝負だな、これは。って最後まで同じだったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (30)

2006年4月12日 (水)

Angel Heart・第26話

「もう一度あの頃に」

前回の続き。リョウは麻酔弾で二人を撃つことで、組織に二人が死んだと見せかけ台湾へ逃亡させる。玉置さんの演技は前回よりもましだったけど、肝心の一番盛り上がるとこころで著しく興を削がれてしまい残念でした。

それから、兄弟が実は拾われた子供で両親の墓に兄が形見の品を入れようとするってのはちょっとやりすぎのように思います。明らかに香瑩に見せようと狙った演出ですねこれは。

あといまさらながらですが、せめてOPレベルの作画で通して欲しいですね。今回Bパートはアップでもかなり酷いのがあった。

全体的には良い話だっただけに残念。最後に何気に「みそぎ銀行」ってのは受けた。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

BLACK LAGOON・第1話

「The Black Lagoon」 (TVK)

火曜の新番はこの1本。ここも千葉から3日遅れか・・。番宣見てクォリティー高そうなので期待してました。できの方も期待に違わなかったですね。

細かいこと言えば、核兵器の開発計画なんて商社の扱えるもんじゃないだろとか、そんな大事なものをペーペーの平社員が運ぶなんてありえないだろとか、ロック順応しすぎとか、他にもいろいろですがまあそんなことはどうでも良いでしょう。ストーリー的にも引き込まれるものを感じました。継続視聴しますが原作知らないのであまり感想は書かないかも。

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

涼宮ハルヒの憂鬱・第2話

「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」

一週間「みっみっみらくるみっくるんるん」のフレーズが頭にこびりついていました。1回見ただけなのに・・・。破壊力抜群ですね。

今回は最初からほぼ原作通り始まった訳ですが、恐らくこれを1話に持ってきたら、キョンの語りについていろいろ意見が出たのではないかと思います。あの超絶な1話はみんなにこのアニメがキョンのぼやきとつっこみによって成立していることを納得させるという効果があって、その意味では成功した言えるのではないでしょうか?

杉田さん、最近では土見稟ですが、私はこの独白は本須和くん(ちょびっツ)思い出してしまいました。もっともあっちは本人の脳内妄想を口に出してしまうという設定でしたけど。

今回の話は本当のプロローグだったので、今後のハルヒの大暴走&ちょっぴりデレに期待します。それから朝倉さんに1票(原作通りだと・・・)。

DVDは 1話+7巻らしい。値段からして1話を除いて13話・・・1クールみたいですね。このペースで原作消化したらそれ位で終わりそうだし・・。原作はSOS団のバカ騒ぎとタイムパラドックスネタを楽しむもので、シリーズ通したシナリオは良く見えていません。アニメも適当なところで終わって(そのうち続きを再開して)もぜんぜんかまわなそうです。その意味では殿堂評価はしずらいと思うけど、良い方向に期待を裏切ってくれるかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (46)

Fate/stay night・第14話

「理想の果て」

やってくれましたアーチャー、個人的には2話のヘタレ顔もツボでしたけど、今回ばかりはかっこ良かった。さすが男性キャラNo1人気ですね。伏線張りばかりで、地味だの淡々としている等の評価も払拭、今後の怒涛の展開に期待が持てそうです。

今回画像はアーチャー追悼記念大会です(この展開ではさすがに復活はありえないでしょう)。

Cap001_3 で、結局これですか?はい、仕様ですから。

Cap002_4 イリヤが外に出た隙に侵入って、普通罠だって気付くだろ・・。

Cap003_4 弱るセイバー。これでもお姫様士郎を守ろうとする・・健気だ。

Cap007_2 で結局見つかって。

Cap014_4 アーチャーの殺し文句にデレる凛。「時間を稼ぐのはいいが…、別に、アレを倒してしまってもかまわんのだろう?」う~んかっこよすぎ。ただ、ためらうことなくアーチャーを囮に使うことで士郎との違いをきわ出させていますね。

Cap016_3 しかも後姿で語ってくれるし・・

「衛宮士郎!
いいかお前は戦う者ではなく、"生み出す者"に過ぎん。
余計な事は、考えるな。
お前に出来る事は1つ、その1つを極めてみろ。
忘れるな、イメージするものは常に最強の自分だ。
外敵など要らぬ、お前にとって戦う相手とは自身のイメージに他ならない。」

Cap021_2 かわしきってこれですか・・

Cap022_1 原作に無かった戦闘場面まで・・。

Cap023_1 とことん投影が強調されてますな・・。

Cap024_3 もう一個。

Cap031_2 イリヤとも知り合いだったんだ。そろそろ正体がわかる頃合。そもそも今回のタイトルってそのまんまだよね。

Cap032_1

Cap035  いよいよ最後の大技が。

Cap036 英語の呪文もかっこ良かった。

Cap039_3 「ご覧の通り、貴様が挑むのは"無限の剣"・・・剣戟の極地。
畏れずしてかかってこい!」


なこと言って結局負けちゃう訳ですが。

Cap040 ああ、とうとう・・

Cap041_1 逝ってしまいました。

Cap043_2 最後まで後姿・・

Cap045_2 バーサーカーは5回も逝きました。

Cap047_3 で最後に残ったこれで正体を知れということなんでしょう。

次回は「12の試練」セイバーはどうやって魔力を補給するのか?(またそこかい?)

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2006年4月10日 (月)

4月10日分

木曜日まではぽろぽろと新作続きます。今日は奇しくもコラボ物?もっと切らないと生活できない・・・

ブラックジャック21 (NTV) : 完全新作なんだが・・。医師って医師会が決めた料金守らなくちゃいけないんだっけ?医師会長なんだか随分ステレオタイプの悪役だなあ。白拍子先生ですか?何でそんなマニピュレータみたいの使って手術しなきゃならないんだ?結局マフィアの報復で息子を撃たれた医師会長が5億円払ってBJに手術を依頼するのか・・何だか新作というのに余りにも古臭くないか?というかこんなのやって医師会からクレームは来ないのか?全てが何がしたいのか意味不明だった。もう1回見てみるがこんな調子では手塚先生が地下で泣くぞ・・

RAY THE ANIMATION (TVK) : こっちはBJに手術されて、何でも見通せる眼を持つ医者春日野零の物語。いくら年上だって看護師が医者にため口なんて絶対ありえんだろと思うが何か裏があるのかな?と思ったらやくざ相手に大立ち回り・・ハハここの看護師ってみんなそうなのね・・。院長もそういう人なんだ。「オペを開始する」って言わないと手術って始めちゃいけないのか?犯罪者って言うだけで手術を拒否する医者ってのもなんだが、そのうちこのへんの理由も明らかになるのでしょう。まあ、こっちの方は普通に見るに耐える話でした。継続。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月9日分

さすがに新作は落ち着いてきました。とは言っても先週切った分位は追加される訳で・・

MUSASHI (BSi) : 五右衛門+次元=MUSASHI?関が原で西軍が勝った世界はあやかしの出現する世界だった。さすがデジタル綺麗な画像だがあまり生きているとは思えない。この世界のMUSASHIは人を殺さないのか・・。2丁拳銃を操るMUSASHIの戦う相手はあやかしってことか。まあ、次回も見てみよう。

うたわれるもの (TVK) : ここも千葉から6日遅れ・・。TVKはカバー率はNo1だけど開始日遅いのが多いですね。前評判は高いようですが私は原作未プレイです。エルルゥ柚木涼香さんですか?ずいぶん可愛い声ですね。ハルカや美凪とは違うような・・。ヌワンギ痛いなあ。ってなんでエルルゥ最初からそんなにハクロオに気が有るんだろ?良くわからないがとりあえずエルルゥの可愛さに期待ってことで良いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

夢使い・第1話

「夢始め、雨の教室」

土曜の感想はこちらで。とりあえずは、植芝キャラが動くだけで満足(しなければならないの)かな?少なくともOPや正面アップの作画レベルは素直に良かったと思う。

原作厨的に見るといろいろ不満もあります。先ずは塔子の店の背景、原作では異様なまでなごちゃごちゃした書き込みで独特な雰囲気を出していたのですが、あまりにもあっさりしすぎでスカスカ、妙に明るい店になっていました。バンクの使いまわしでも良いからもっと頑張って欲しかったです。シナリオ的にはオリジナルになるのは仕方無いにしても、1話完結だとどうしても深みに欠けるように思います。優花が圭を好きになって行く過程とか悪夢に取り込まれて行く過程があっさりしすぎているので、恐怖感がもの足りず、解決も盛り上がらないように感じました。せめて問題編と解決編の2話構成位だと良かったのに・・。

いろいろ言いましたが、心理描写に長けた小林靖子さんのシナリオには期待しているので今後も感想書いて行きたいと思います。あと、(半島送りの)作画が崩壊しないことを祈ります。マッドハウス多すぎだって・・。初回も少し怪しいのがあったし・・。

| | コメント (0)

2006年4月 8日 (土)

4月8日分

1ラウンドして2週目、といっても土曜日は今日が本番です。

彩雲国物語 (BS2) : 秀麗がおゆいに見えてしかたなかったんですが・・・バカ殿様の矯正物語に見えるが違った話になるのかな?様子見。

少女チャングムの夢 (NHK) : 韓国アニメですね。風俗とか珍しくて見てみたい気もするんですが、ちと子供向け過ぎるかな?断念。もっと上の年代が見るようなものに期待したいですね。

Tokko特公 (WOW) : 見たいけどスクランブル枠では見れません。

ひまわりっ (TVK) : おおこれはTVKが関東最速か。何だかつかめないOPですねえ。ヒロインが昔忍者に助けられた記憶か・・。中の人は松本華奈さんまた新人ですか?またも棒読みな感じですね。今期では珍しくへタレ系の主人公、元絵も好みとは言い難いけど、TVK最速に免じて少し見てみますか。3本続きだからついでだし。

ひぐらしのなく頃に (TVK) : 私は原作未プレイですがいろんなところの前評判は上々ですね。ひたすら平和な光景の中に垣間見える異常。ってキラじゃないのこの声。あ、保志さんか。ゲームの販促みたいな終わり方だと嫌だけど、期待して付き合ってみる。

女子高生 (TVK) : これも千葉埼玉から5日遅れ・・。しっかし何とも酷いサブタイですねえこりゃ。中身もモロパンオンパレードだし、声優さんに役を選ぶ権利は無いのか。つられて見る自分も自分ですがね。様子見。

夢使い (TVK) : 個人的には期待作です。TVK最速だし。さすがに原作の再現は無理でしたが、シナリオは小林さんだ。ああ植芝絵が動いてる。ドキンちゃん声のイメージが少し違うなあ。店の雰囲気明るすぎ、ごちゃごちゃした描きこみもあっさりしすぎのような。まあ良い、感想は別のところで。最初から継続決定済み。

西の善き魔女 (TVK) : 原作読んでみましたが、ヒロインがどうして幼馴染が好きなのかがうまく書かれていないので、あまり共感できませんでした。そのあたりの改善があればと思いますが尺からして期待薄か。元絵は漫画版の作者の方ですが、あまり美男美女に見えないですね。思い切って変えても良かったのでは?世界観は嫌いじゃないので見ますけど・・。

うへえ、TVK深夜5本か・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4月7日分

きらりん☆レボリューション (TX) : すごいなあこれ。ある意味「みっみっみらくるみっくるんるん」に匹敵するのでは?ちっとも可愛くないヒロイン、超絶な声あて、それらを全て吹っ飛ばすギャグテイストでした。むしろ生半可上手な声優さんがやらないところが面白いのかも知れません。さすがモーニング娘、只者ではない。あとはこのテンションがどこまで続くかです。99%速攻で切ると思っていたけど継続してみます。1週間ダメそうなのを見続けた甲斐があった?

しばわんこの和のこころ (NHK3) : わざわざ犬を出す必要はないと思うんですが・・。録画もめんどうなので切り。

サムライ7 (NHK1) : 地上波初。7人の侍ですか。結構おもしろそうだったが5分ほど寝オチしてしまったり・・。次回に判断は持ち越し。ここまで本数が多くなければ間違いなく見るだけど。

ウィッチブレイド (TBS) : 日曜朝のエウレカ枠が無くなった代わりでしょうか?最初は何かの間違いかと思ったが、最後の方は予想通り。能登さんにハアハアさせるのはお約束?人間が機械になってハアハアっていうのは笑えた。継続。

SoulLink (TVK) : 最速の千葉から遅れること6日間。著しく感想書くテンションを削がれます。原作は地雷と言われて未プレイですがどんなもんでしょうねえ。元絵は好みなので一応様子見。

金曜深夜だけは今までお休みできたのにいきなり3本ですか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

ああっ女神さまっそれぞれの翼・第1話

「ああっ願いよ もう一度っ」

1年空いても普通に前作の続きから始まりです。今回の話はオリジナルですが、前作ラストでスクルドもリンドも螢一のことを認めたということなのか、最初から2人を応援していますね。契約失効のおかげで螢一も勇気を出してデートを申し込んでちょっとだけ2人の関係も進展したってことで良いんでしょうか?

初回としてはほんわかした良い話だったと思います。次回はベルダンディーがセーター編む話のようですがまたも癒し系な話と見ました。しばらくはこの調子で進むのでしょうか?できれば両親が来る話や、魔属ベルの話まではやって欲しいんですけど、このままでは10クール位やらないと到達しそうも無いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

XXXHolic・第1話

「ヒツゼン」

木曜はこちらと「女神さまっ」の感想を書くことにします。CLAMP作品の映像化と言えばCCさくらとちょびっツが思い浮かびます。CCさくらのパラレルワールドがツバサさらにそのツバサと設定を共有化したのがXXXHolic。でもこっちは「あやかし」の存在を物語の中心に据えていて、全然別の世界観になっています。フジが「怪」でやりたかったのはこんな話だったのでは?

あとは気になったことを少し・・キャラがやたらと細身ですが、これは独特の世界観を表す仕様なので受け入れられるかどうかの問題。モコナの菊地美香さんは一人浮いているような感じもしますが、今更他の人に代えても違和感あるしもう慣れました。侑子の大原さんはぴったりはまってますね。

Holicの物語の根幹は侑子の「願いをかなえるためにはその願いに応じた対価を払う必要がある」との言葉につきると思います。つまりは無償の癒しなんてことは無いので、四月一日君は働きに応じてあやかしが取れて、あやかしが見えるといっていた女の子はあやかしに本当に取り付かれることそのものが対価であり願いでもあったのでしょう。

このあたりの感覚を生理的に受け入れられない人にとってはこのアニメはNGですね。それでなくてもネットの世界ではCLAMPさん毀誉褒貶激しいですし、人を選ぶアニメではないかと思います。

最後に個人的には来週出てきそうなひまわりちゃんより座敷童に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

4月6日分

ZEGAPAIN (TX) : この時間帯の主人公ってどうも痛いのが多いなあ。深夜のヘタレ系の裏返しなのか・・。今期の深夜はヘタレ系はあまり見かけなくなったけど。サンライズのロボットものだし、キャラ絵も良いほうだし、女性声優陣も良さそうなので継続。ところで主人公役の浅沼晋太郎って誰?まあエア・ギアのように違和感無いから良いか?

XXXHolic (TBS) : 個人的には期待作。良い雰囲気でできていると思うのですが、どれくらいの人が受け入れられるのか興味あります。通行人の作画が間に合わなかったと疑ってしまったのは内緒だ・・・。継続。

ああっ女神様~それぞれの翼 (TBS) : こちらも期待作。前期と同じような感じですね。もっと話を動かして欲しいと思うんですが、1クールだとするとまったりしたまま終わってしまいそうな予感が・・。あと、ベルダンディーの作画がOVAや映画と比べて格段に落ちるのは残念(前作も同じだけど)。視聴前から継続決定済み。

魔界戦記ディスガイア (TVK) : 魔界のプリンスとプリンセス?と見習い天使のつるぺた軍団の珍道中・・。深夜の方が主人公が普通に見れるのは私が毒されているから?絵もまあまあ見れるし継続。

かりん (WOW) : 終盤に向けてなんだかテンション変わってきましたね。残り少ないし継続。

しにがみのバラッド (WOW) : こっちはもう終わったのか・・・。本当ならば終番評価で書くべきなんだけどもう気力がありません。悪くはなかったと思いますよ。ただ6回だと雰囲気つかむだけで終わってしまうんですよね。とりあえずモモが本当におせっかいだということは分りました(誉めてるつもりです)。3点か2点のどちらか。

リングにかけろ1日米決戦編 (EX) : 何でこれが深夜なのか理解不能です。「だっちゃ」ってどこのラムちゃんですか?私と正反対の傾向の方が継続判断してたから切りで間違いないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

4月5日分

スパイダーライダーズ (TX) : マドラックスのスタッフということで期待していたんですが、やはりこの時間帯は対象年齢かなり低めですね。今のままだと全ての私用時間がアニメだけになってしまうので切らざるを得ない。

NANA (NTV) : 今や社会現象なので注目してみる。音楽や映像は良くできていると思います。主役の声優に本職の方を採用しているのも評価できるし、あとはストーリーについていけるかどうかですね。当面継続。

いぬかみっ (TX) : うる星やつらなラブコメでしょうか?ようこの絵も悪く無いし、気楽に楽しめそうなので継続します。それにしても福山さんこの手の役はお手の物ですね。

.hack//roots (TX) : 世の中に絶対といえるものは一つしか無い。思わず吹いた・・むか~しゲームはちょっとだけやったことあるが・・こんなんだったかなあ?ゲームの資質なんてあったって・・。ヒロインの絵が微妙だなあ。いろいろ言ったが当面継続。

錬金3級まじかる?ぽか~ん (TVK) : こっちは1週2話でそれぞれ完結するタイプですね。こちらも気楽に楽しめそうですが、似たような傾向のがかぶるなあ。まあ、様子見です。1クールだと様子見てる間に終わってしまいそうですが、まあ良いか。でも、1話のパンツ話の方があざといと思いながらも楽しめたのは内緒だ・・・。癒し系ならARIA見れば良いし。

The Frogman Show (EX) : こういうのはやっぱりネット上で毒を吐いていてこそ生きるんじゃないかなあ?パワーという面では練馬大根の足元にも及ばないように思います。誰でもアニメが作れるんだという意味はあるか・・・。切り。

プリンセスプリンセス (EX) : テーマはゴスロリ・・ですか?密かに期待してみたり・・。何か最初のカットで笑ってしまった。クラスの全員が美形の転校生に萌えってありえんだろと思うが普通の設定じゃないからそんなもんか・・。髪と目の色でしかキャラの区別ができんのですが、誰か一人位本当は女で・・・って言うような展開には絶対ならんのだろうなあ。まあ見てみますか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Angel Heart・第25話

「死にたがる依頼者」

今週からOPが玉置浩二さんに、EDがカノンさんに変更、以前のSowelu、SOSコンビは最高ですが、こちらもなかなか良さそうです。

さて今回のやくざの弟と自分を殺してくれと依頼する兄の話ですが、兄の役の声優さんがどう見ても素人だなあと思ったら、玉置さん本人でした。本人役ならともかく重要な役はやっぱりプロに任せた方が良いと思うんですが・・・。かなり台無しな感じな話になってしまった気がします。ああ、次回も続くのか・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 5日 (水)

4月4日分

銀魂 (TX) : 帰宅が遅かったので夜中に録画見。でっかい犬?が可愛かった。ゴールデンなのに下ネタ有りか・・もうちょっと突き抜けたものが欲しい気もするが今後に期待して少し見てみる。

エアギア (TX) : 主人公の声が違和感バリバリというか新人声優の棒読みくさいんですが・・。鎌刈健太さん?新人俳優らしい。声優ってそんなに甘いもんじゃないと思う。ラブゲッchuに、きらりん☆に、獣王星・・・まとめてだめかも?レモンエンジェルの悪夢再び・・・。ただ、原作未読ですが大暮維人さんには興味あるのでしばらく様子は見ます。関係無いがシムカのフィギュア良かったなあ。

ラブゲッchu声優白書 (TX) : うわ~耐えられない。アニメの中でプロダクションの社長が視聴者をなめるなとか言ってたけどそのままお返ししたい。主役の新人声優さんも京都弁のとこだけが素なんだろうけど生きてた。ゲームサイトのCMもひどいもんでした。文句無く切り。ここは来週から3つかぶるし。

桜蘭高校ホスト部 (NTV) : こちらのハルヒは天然系。男装時と本来の姿のギャップがとても可愛かった。継続。そんな理由で良いのか?

エンジェルハート (NTV) : 時に過剰な演出が鼻につくこともあり作画の破綻もあるが、情感たっぷりな音楽をバックに肉親の情愛が描かれる。対象年齢高めですね。ともかく継続。新OP・EDもなかなか良いし。

ガラスの艦隊 (EX) : どっかのブログで製作日程めちゃ厳しいとか出てた。説明不足で全然話についていけないんですが・・・まあ公式で補完しますけど。宇宙ものは絶対逃せないので継続しますが、1クールだとすれば消化不良の気配も漂う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

涼宮ハルヒの憂鬱・第1話

「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」

今期期待度No.1のこのアニメ。初回からぶっとんだ内容でした。原作未読の方には最初からポカーンな感じでしたが、京アニさんだから許されるお遊びでしょうか?他のところだったら1話で切る人も出たのではないかな?

普通にはじめると例の自己紹介からになるのでしょうが、それだと原作通りで・・というふうに言われるでしょうから、一発奇をてらってということなのでしょう。インパクトという意味ではあったのではないかと思います。成功かと言われると?かも知れませんが・・

個人的には、メインの登場人物が一通り出てきて、シャミセン(猫)がしゃべったりして原作思い出しながら楽しめる内容になっていました。登場人物の作画クォリティがどれも素晴らしいのはさすがですね。みくるちゃんに始まって、長門さん、ハルヒ、鶴屋さん、キョンの妹・・、さすがに朝倉さんは登場しなかった(と思う)けど。鶴屋さんなんか最初から良い味だしてました。

最後まで感想書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (32)

4月3日分

妖逆門 (TX) : カードバトルですね。牙よりは初回で設定を明らかにしてくれましたがどうだかなあ?妖怪ものには興味あるんだけど。やはりこの時間帯は小学生向けか・・。まあ切りそうだ。それにしてもアニメってどうしてこうステレオタイプの悪役出すのかねえ。主人公見て士郎を思い出したのは内緒だ。

涼宮ハルヒの憂鬱 (TVK) : 今期一番の期待作ですが、最初からアレをやってくれるとは・・。0話だし。原作未読者にはさっぱりだったでしょうね。詳しくは感想で・・

吉永さんちのガーゴイル (TVK) : てっきり1話完結かと思ったら話が続くんですねこれ。どういう話になるのか今ひとつ見えない感じですがとりあえず視聴継続。

ストロベリーパニック (TVK) : マリ見てですか?見てないんですが。とりあえず綺麗なお姉さんの絵を見るために継続。それにしてもこの手のアニメの主人公ってドジでマヌケでちっとも美人に見えないんですけどお約束ですか?

シムーン (TX) : 綺麗な絵だなあ。主人公の作画が怪しい気が・・声もあってないように思う。内容以前に世界観の理解が難しい感じが。とりあえず様子見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

Fate/stay night 13話

「冬の城」

さて今回はセイバーのやつれた姿とイリヤの「お兄ちゃん」を楽しむ回でした・・ほんとか?

Cap067 すっかり、ガイド役の凛。今回はセイバーの魔力を回復させるには令呪を使って人を襲わせるしかないなんて言ってるが、士郎にそんなことできる訳無いだろ。

Cap068 セイバーの枕元で夢を見る士郎。

Cap072 ようやくセイバーの正体がって士郎はわかったのか?夢に出たってことは士郎とセイバーが何らかの形で繋がっていることだな。

Cap073 何気に士郎をかばってセイバーが宝具を発動したことを指摘するアーチャー。士郎だってそれくらいは解ってるだろうに・・・

Cap075 公園であっさり拉致される士郎。こうまで攫われ役に徹するとは・・。

Cap078_2 変な想像は禁止・・・

Cap081_1 浴衣?とは古風な。らしいと言えばらしいが・・

Cap083 やっぱり世話焼きな凛。

Cap086_2 今日の1押し。

Cap091 結局わかめ君は餌食か・・

Cap092 子供は怖いな・・・

Cap093 攫われたお姫様を取り返しに・・・

次回は「理想の果て」。重要な設定が明らかになるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (29)

エウレカセブン・終了

「シャウト・トゥ・ザ・トップ」 「星に願いを」

こっちも2話連続スペシャルですね。早朝帯では唯一私が視聴していたアニメです。視聴率上がらなくて枠消滅とのことですが、複雑で難しい設定は低学年対象のこの時間帯では明らかにミスマッチだったのではないかと思います。個人的には十分堪能しましたけど。

Cap048_2

スカブの指令クラスターとなる決意をした5人。

Cap049_2 「子供にそんなことさせてんじゃねえ」って意味のことを言っていた。こっちのおっさんも大活躍だったが・・・

Cap050_1

デューイの罠にはまるアネモネと・・

Cap051_2 エウレカ。

Cap052_1 「サヨナラ」エウレカは一人スカブに・・

Cap053 いつもの通りのヘタレレントン。

Cap054 アネモネとドミニク。

Cap055 すっかりデレデレ。ちょっと前は死亡フラグ立ちまくってたのにね・・。

Cap056_1 変身?したニルヴァーシュでエウレカのもとへ向かうレントン。

Cap057_1 でうれし恥ずかしの・・・朝からこんなのやって良いの?

Cap058_1 スカブコーラルの半分が月へ移住して、くだんの限界は回避されたってことで良いのか?

Cap059_1 生きて、道を示せ見たいな事言われてたが・・・

Cap060_1 だめ押しでこれで・・・

Cap062 半年たっても戻ってこないとはどういう了見だ?

Cap064 子供放って新婚旅行ですか?

まとめ: 最後の引きにちょっと疑問は残るものの、壮大なスケールや熱い展開は十分楽しめました。エウレカも慣れればだんだん美人に見えてくる?ということで4点。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年4月 2日 (日)

4月2日分

続いて日曜日分

牙 (TX) : これで終わられてもなあ。つっこみどころは満載だったけど、まだ何も始まっていないので判断は先送りですがやはり時間的に対象年齢低めなのかなあ?ある程度年齢が高くても見れるものが無いと・・

デジモンセイバーズ (CX) : きりが無いのでこれは対象外と見て、見ず切りさせていただきました。

おねがい マイメロディ ~くるくるシャッフル!~ (TX) : こっちもふたご姫と同じくもともと低学年女の子向け。何気に脱力系ですね。どこまで耐えられるか・・。2~3話様子を見て切りそうだ。

アクビガール (TVK) : 1話視聴しましたが、女の子向けかな。録画するのも面倒なので断念。

ぽかぽかの森のラスカル (TVK) : こっちもほぼ同じ傾向。一個切ると続き番組なのでこっちもパス。

Aria the Natural  (TX) : 人気の続編。手堅い出来でもちろん視聴継続しますが、毎週は感想書かないかも知れません。

スクールランブル2学期 (TX) : こちらも人気作の続編です。監督やキャストの交代、原作の現状などを不安視する声も上がりましたが、とりあえずは問題無さそうですね。天満ちゃんやっぱりまほろさんに見えるし・・。継続。

Fate/ stay night (TVK) : 毎週感想書いてます。当然継続。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月1日分

1日から新番スタートしたので、とりあえずの視聴判断をしないと・・。U系はTVKになりますが8日からスタートです。

ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! (TX) : 明らかに低学年向けの時間帯ですが評価する方もいるので視聴してみる。ぶっとんだテイストはなかなか面白かった、プリキュアは切ったけどこちらは暫く視聴して見るつもり。感想は時間無さそうなので書きません。

妖怪人間ベム (Animax) : いまさらこれをやる理由は視聴しても感じられなかった。もう1回見てみるが切る方向で。

Blood+ (TBS) : 継続番組ですが可否の判断を。明らかに土6では時間帯を間違っている感じがする。ここまで見続けてそれなりに興味はあるので視聴継続します。感想は書きませんが・・。

学園ヘブン (ATX) : BLものですか?ATXは見れないし、見れてもたぶん見ない。

格闘美神武龍Rebirth (TX) : 前作はU系とかぶってたから見なかったけど、今期の大量アニメの中で無理して見るほどのもんじゃ無いかな。あと1話位様子は見るかも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タクティカルロア・終了

「アウトワード・バウンド」

どう言ったら良いのかなあ。SFも好きだし、海戦アニメも良いし、複雑な背景設定も興味あったし、お色気ギャグだって嫌いじゃなかったし、恋だってあった。だから最後まで見続けたんだけど、こうまで全部を投げっぱなしにしてくれるとは・・。まあ前回でほぼこうなることは解ってたけど。

細かいところを突っ込む気力も無いですが、結局全部時間の無駄だった。最後まで見た番組に1点をつけるのはしのびないけど、これに2点をつけたら他のアニメに失礼というもの。海自に航自に落語協会、タイアップってなかなか難しいもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

Solty Rei・終了

「わたしと彼女と、少女の想い」 「Final message(最後のコトバ)」 「これから」

三話連続で終了は4時過ぎ。幾重にも重ねられたエンディングに見始めたら途中でやめられなくておまけにしばらく寝付けませんでした。おっさんやればできるじゃないか。

Cap020_3 暴走したアクセラ。能登さん主役は少ないが今や欠かせない声優さんですね。

Cap024_2 ローズはソルティと和解。ちょっと強引かなあとも思うけどそれなりに納得できたからまあ良いか。

Cap025_2 アクセラが発射を止められなかったのはエウノミヤのせい?あまり深く考えちゃいけないのかなあ?ということでソルティは怪我?をして2人でRUCに突入。

Cap026_2 二人で最強のパパ攻撃です。

Cap027_2 デレるおっさん。完全に撃破されました。

Cap028_2 これが答えだ・・。自分の手を撃って娘を守る。

Cap029_2 今度は2人が感動。この後エウノミヤがアシュレイを撃って、ソルティがエウノミヤを停止。めでたしめでたしと思ったら・・・

Cap030_4 黄昏るローズ。ローズの変身はアシュレイの非登録市民を無くすという話に共感しての行動だった。

Cap031_1 終わったと思ったら、今度は暴走した移民船(エウレネ)が地上攻撃。

非登録市民の少女(名前が出てこない?)は八百屋の主人と良い雰囲気に。侮れないなあ。

Cap034_2 迎撃に宇宙へ向かうソルティに絶対帰れの命令を下すカーシャ。ああやっぱり翠星石だ。

Cap037_1

「行くな」おっさん。やってくれますねえ。

Cap038 引き気味の2人。

Cap039_2 ロイを捨てて(笑)宇宙へあがったソルティは・・

Cap042_1 見事エウレネを撃破。

Cap043_1 5年後、ローズは政治家に・・。それなりにみんな幸せってことで終わりかと思ったら。

Cap045_1 やってくれましたおっさん宇宙へお迎え。

Cap046_1 普通のヒーローモノならこれは蛇足かもしれませんが、父親の物語としては最高のエンディングです。

Cap047_2 「タダイマ」良かった良かった。

まとめ:前半は何がやりたいのか解らない感じのアニメでしたが、後半からラストにかけての盛り上がりは秀逸でした。こちらは「家族」さがし、そして「父親」としてのおっさんのアニメでした。これもDVDで追加があるみたいですがこっちは綺麗に終わってます。文句無く4点を差し上げます。惜しむらくはソルティの絵がもう少し可愛ければ・・もっと高評価つけてかも。ともかくおっさん最高だったよ。

怒涛の終番感想も残りタクロアとエウレカを残すだけ。ああ疲れたってもう4月番組始まってるじゃないか。60本も見ると廃人確定なので早めに半分に絞らないと・・

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年4月 1日 (土)

舞乙Hime・終了

「蒼天の乙女」 「Dream☆Wing ~夢の在処~」

こちらは2話連続。Soltyに至っては3話連続。何人の方が金曜日は寝不足に陥ったのでしょうか?このアニメいつもRozenとかぶっていて、前期は視聴せずじまい、今期も2クール目からの視聴でした。それもやっとエルスが見れると思ったら直ぐに退場、テンション下がったものです。設定も非常に複雑、やたらと豪華な声優陣で登場人物も多くてついていくのが難しかったですね。

とは言え、最後は盛大に盛り上がって、感動あり、笑いあり・・やっぱりアニメの終わり方はこうじゃなければって王道をやってくれたことは評価したいと思います。

Cap003_3 主人公の2人。へたれないマシロちゃんなんて・・

Cap002_3 いいところ持って行ったあゆミユ様。これを期にもっとご活躍いただきたいものです。

Cap004_1 こちらは雛苺?

Cap005_2 もっと酷い顔はいっぱいあったけど。銀さまといい田中理恵さんヒロイン声優からすっかり悪役に転進ですか?。西の善き魔女でも・・

Cap013_2 でもってお約束の最終決戦は宇宙へ。

Cap014_3 蒼天のローブなかなか良い。

Cap015_2 どう見たって死んでるんじゃあ?

Cap018_2 やっぱりヒロインは不滅です。ありんこというよりモコナ思い出してしかたなかった。

Cap019_3 こっちも生きていて・・・

Cap001_2 どうしてエリスエロスエルスが復活しない・・・。こうなったら、OVAのOP曲もみな実さんに任せて、1話まるまるエルス回をつくるのだあ・・お願いします。

まとめ:4点にするか3点にするか迷ってます。多分4点かな。結局こちらは「友情」をテーマにした物語でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

BLACK CAT・終了

「気ままな猫」

一言で言えば原作の評判で損をしているアニメ。木曜深夜の激戦区ってのもハンデだったでしょうか?原作を気にしていない分GONZOさん好き勝手やってますが。良くも悪くもGONZOクォリティー、受け入れられるかどうかが別れ目でした。

個人的にはサヤがつぼでした。死んでるのに最後までOP・EDに登場するくらい重要な役ですし。

Cap025_1 OPから・・。

Cap026_1 こっちはED。

Cap027_1 もう最高でした。

Cap021_1 おまけにゴスロリイヴ。

最終話はかなり暴走気味でしたね。うしろの二つと比べるとテンションあがりませんでした。

Cap030_2 髪切ったイヴ。サービスですか?

Cap031 ちょっ、最後のこれは何?何故サヤをスルーするトレイン?

まとめ:サヤに免じて3点。これもDVDで24話を補完するんでしょうか?最初だけ買って断念したんだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »