« 灼眼のシャナ・最終話 | トップページ | 陰からマモル・第11・最終話 »

2006年3月26日 (日)

落語天女おゆい・終了

「信じる言葉 ふれあう心」

最後まで視聴したアニメには感想を書きたいと思います。

一言で言えばどうしようかなあと思っている間に終了してしまいまったアニメです。最初からもっと落語ネタを前面に押し出せば良かったと思っていましたが、ありがちな妖魔退治モノになった時点でかなりテンション下がりました。それでも10話当たりでそれなりに盛り上がって来たのですが、最後はまた言葉の力とやらであっさりラスボスがご退場してしまい、こちらの方の話も今一つでしたね。

唯は最後に1席ぶってくれましたがあまり上手には感じられませんでした。むしろこのレベルなら最初の方にもって行って最後は上達しましたみたいな成長があると良かった。また、言霊が魔を払うことを中心に持ってくるならもっとそっちの方ので話を深めて行っても良かったと思いました。

評価は2点というところですね。もっと化ける可能性はいろいろとあったと思うんだけど。

|

« 灼眼のシャナ・最終話 | トップページ | 陰からマモル・第11・最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32251/1172938

この記事へのトラックバック一覧です: 落語天女おゆい・終了:

» [落語天女おゆい]第12話 信じる言葉 ふれあう心 [もえろぐ]
「落語天女おゆい」第12話です。 とうとう最終回でありますねぇ・・ 全然関係ないコトだけど 1年ほど前から「言葉」という文字を見ても 脳内では常に「ことのは」と変換されてしまってどうしようもありません・・w その妹は「心」ちゃんだし・・ そんなことを今回のタイトルを見て思いましたw 前回やられてしまった圓朝や唯ちゃんですが まだまだ倒れたままじゃありませんよ~ 人々が憎しみ争いあうようなそんな世界を望むという左京。 もちろん唯ちゃんは抵抗。 キレた左京が圓朝たち... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 00時49分

» 落語天女おゆい・第12話 [たこの感想文]
「信じる言葉 ふれあう心」 左京の剣の前に倒れた円朝。止めを刺そうとする左京に、 [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 09時23分

» 落語天女おゆい 第12話 「信じる言葉 ふれあう心」 [アニメって本当に面白いですね。]
落語天女おゆい   現時点での評価:2.5   [落語 アクション 時代劇]   テレビ埼玉 : 木曜 26:00〜   メ〜テレ   : 金曜 28:15〜   テレビ神奈川 : 土曜 25:30〜   ちばテレビ  : 月曜 26:10〜   サンテレビ  : 月曜 26:10〜   AT-X  ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月28日 (火) 23時44分

» 落語天女おゆい 第12席(最終回) [パズライズ日記]
落語協会の記念作品であった落語天女おゆいも、ついに最終回。 左京との決着はAパートで早々と終わらせて、あとは後日談をしっかりと描いてくれました。 妙の動きが気になっていましたが、他の天女たちのロウソクをすり替えていたとのこと。 雅のが消えそうになったと....... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 01時12分

» 落語天女おゆい 第12話「信じる言葉 ふれあう心」 [布達の橋]
(公式サイト) おゆいも最終回〜。 左京兄さんがAパートで消滅。 妙がすんごい何気に蝋燭を摩り替えるとかお手柄してたようで。 つか、先週の左京兄さんただの馬鹿みたいじゃんwww Bパートからは花見、帰還、後日談。 後日談が一番楽しかった 生徒会長にな....... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 10時23分

» (アニメ感想) 落語天女おゆい 第12話 「信じる言葉 ふれあう心」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
落語天女おゆい (月島唯・現) 落語天女も今回が最終回。ラストはスカッと悪玉を倒してハッピ-エンドを迎えて欲しいですね。ポン太くんと鈴ちゃんの可愛い恋の結末にも期待です(笑)。それでは、感想です・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 11時59分

» 第1253回 アニメ 落語天女おゆい第十二席「信じる言葉 ふれあう心」(最終回) [ran rabbit junk's blog]
今回はどんでん返しが起きる回でした。 〜あらすじ〜 左京の圧倒的な邪の力によって、天女たちの命が吹き込まれた蝋燭の火は次々に消されて、圓朝や唯までもが倒れてしまう。 絶望的な状況の中、唯はもう一度立ち上がるのだが…。 あれっ…?唯は全く動かない....... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 21時36分

« 灼眼のシャナ・最終話 | トップページ | 陰からマモル・第11・最終話 »